現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 「ホンダのパワーは勝算のひとつ」レッドブルF1首脳ヘルムート・マルコ、2019年シーズンに並々ならぬ自信

ここから本文です
スポーツ 2019.3.13

「ホンダのパワーは勝算のひとつ」レッドブルF1首脳ヘルムート・マルコ、2019年シーズンに並々ならぬ自信

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レッドブルは、F1第3戦中国GPで予定されていたアップグレードを開幕戦のオーストラリアGPに前倒しして投入するようだ。

 ホンダとのパートナーシップ1年目となるレッドブルは、今季に向けて強気な見通しを立てており、早い段階からアップグレードを投入するべく懸命に取り組んできた。

    ■レッドブルが続けていくためには、F1がそれなりの”意義”をもたらす必要がある……ホーナー代表の主張

 レッドブルのモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコは、同社がオーナーとなっているオーストラリアのテレビ局「ServusTV」に、“やる気に満ちた”エイドリアン・ニューウェイが新しいパーツの準備に全力を尽くしているということを語った。

「第3戦に持ち込まれる予定だったパーツは、ニューウェイのおかげで開幕戦に前倒しされる」

 さらにマルコは今季のマシンRB15の競争力に自信を持っていると述べており、チーム史上最高のマシンとも考えている。

「我々の楽観的な発言には根拠がある。私はチームがフェラーリからは遅れているように見えるが、メルセデスよりは先にいるように思う」

「その技術的な完成度を考えれば、RB15は確かにレッドブル・レーシングの歴史の中で最も価値あるマシンだ」

「全てのスタッフが、全ての段階でそれを確信していた。そして今、我々には勝利を目指すにあたってのもうひとつの勝算がある」

 マルコはレッドブルが今季最低5勝は挙げるという野望を口にしたが、それと同時に、テストでのホンダは出来すぎであるという一部の論調にも反撃した。

「ホンダでは勝てないという否定的な声もあった。しかし、我々はこれまでここまでに完璧にテストをこなせたことはなかった」

「馬力が増えれば、シーズンが楽しみになるのは当然のことだ」

「昨年は4勝した。5勝は現実的だ。もっと勝てることを期待するよ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Jonathan Noble)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します