現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 「鈴鹿の日本GPでまた会おう!」レッドブルF1コンビ、デモランに集まったファンに感激

ここから本文です
スポーツ 2019.3.12

「鈴鹿の日本GPでまた会おう!」レッドブルF1コンビ、デモランに集まったファンに感激

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019シーズンのF1開幕戦オーストラリアGPを1週間前に控えた3月9日(土)、レッドブルのF1マシン2台によるデモ走行イベント『Red Bull Showrun Tokyo』が東京の明治神宮外苑いちょう並木通りで行われた。

 今シーズンからホンダのパワーユニットを搭載し、日本ファンからの期待も高まっているレッドブル。彼らが東京都内の公道では初となるF1デモランを行うということもあり、その走りを見届けようと多くのファンが会場に訪れた。

    ■レッドブルF1、いちょう並木を疾走! 東京都内公道初のデモランでファン魅了

 事前の発表では、いちょう並木の特設コース約720mをピエール・ガスリー、マックス・フェルスタッペンが、デモカーでそれぞれ2往復する予定となっていた。

 まず走り出したガスリーは、コースの復路でドーナツターンを披露。その後コースを引き返し、再び華麗なドーナツターンを見せ、いちょう並木に設けられたストレートを駆け抜けた。

 続いてコースに飛び出したフェルスタッペンも、折り返し地点で見事なスピンターン。2往復目にはこちらも豪快なドーナツターンを見せた。

 ピットに戻ったフェルスタッペンにはチェッカーフラッグが振られるが、フェルスタッペンは、ファンに手を振りながら”3往復目”へ。これを追うようにガスリーも再びコースイン。折り返し地点ですれ違うようにランデブー走行を見せ、ファンを魅了した。

 走行を終えたふたりはメディアの取材に応え、約1万人が集まったビッグイベントの感想を語った。

 ガスリーは「本当に最高だった! 東京の道をF1マシンで走るなんて考えてもいなかったので、実現できてとても嬉しかった」と話し、また同じように走行するチャンスがあれば嬉しいとコメントした。

「僕がスーパーフォーミュラに参戦している時から、日本のファンの情熱や応援を目にしてきた。ドライバーにとっては素晴らしいギフトだし、エネルギーを与えてくれる。すごい後押しになるんだ。エンジニアがマシンの準備をしている木曜日から、応援をしてくれるなんて他の国ではないことだ」

「本当に多くのファンが集まってくれて、その前で走れたというのも、とても嬉しかった。(東京の公道でのF1走行は)今回が初めてということだったけど、これからもこういうチャンスがあればいいなと思う」

 一方のフェルスタッペンは、自身にとっても新たな”ホームコース”となった鈴鹿サーキットで、10月に行われる日本GPにもぜひ応援に来て欲しいと、集まったファンに呼びかけていた。

「日本の、大勢のファンと接することができて本当に良かった。走行が終わってもファンの人たちが残って、僕たちの応援をしてくれているんだ」

「ホンダのファンもたくさんいると思うし、これから長い付き合いになると思うけれど、今日来てくれた人たちに、秋の鈴鹿サーキットでも会えるのを楽しみにしているよ!」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 松本和己)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します