現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】ロッシ、マシンの仕上がりに不満。「問題は2018年と同じままだ……」

ここから本文です
スポーツ 2019.3.12

【MotoGP】ロッシ、マシンの仕上がりに不満。「問題は2018年と同じままだ……」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)はカタールGPで劇的な追い上げを見せたにもかかわらず、2019年型のマシンが昨シーズンと“同じ状況”にあると考えているようだ。

 2019年シーズンの開幕戦カタールGPで、ロッシは金曜日から土曜日にかけて、夕暮れの低温のコンディションで苦戦しており、予選は14番手という結果に終わった。しかし、決勝レースでは、彼は優勝したアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)から0.6秒遅れの5位フィニッシュを果たしている。

    【MotoGPコラム】同郷のヤツに負けられない! 鳥羽海渡のMoto3初優勝が、日本人ライダーたちにもたらすモノ

 ロッシは日曜日にマシンが見せた戦闘力について“嬉しい驚き”だと語っている。だが、彼はヤマハのマシンの弱点は2018年シーズンから変わっていないと言う。

「僕にとって、問題は大体のところは同じだ」

「いくつかの部分では改善できたけれど、残念なことに、僕らは常にリヤグリップで苦戦している」

 そうロッシは語る。

「今日はマシンのフィーリングが良かった。だって、マシンが良くないと優勝や表彰台に近づくことは出来ないからね」

「実際のところ、金曜日、土曜日と良いフィーリングは感じられていなかったから、良い意味でサプライズだったよ」

「昨シーズン、僕はフリー走行で強かった。最後には去年と同じようにレースでも、より後方スタートから戻ってくることができた」

「問題は、現時点の僕らのパフォーマンスが、2018年シーズンとほぼ同じだということだ」

「ここでは何らかの理由でタイヤが滑ってしまうんだけど、まだ抵抗できている。しかしタイヤが滑る他のトラックだと、パフォーマンスは更に落ちるはずだ。去年と同じ状況なんだ」

 そうロッシは付け加えている。

「今年は最高速の差がとても大きい事もあって、かなり厳しい状況だ。だけど、問題は最高速だけじゃなく、コーナー脱出からの加速だ」

「他チームのマシン……ホンダやドゥカティ、それにスズキは、よりグリップしていてパワーを伝える事ができる。つまり僕らは加速で負けているんだ」

「そういった理由で、ヤマハの最高速は最速のマシンと比べて遠く離れている。問題は、コーナー出口なんだ」

 ヤマハの状況は2018年のレベルに近いが、スズキがオフシーズンの間に示した進捗は、チームがより改善する必要があることを意味している、とロッシは付け加えている。

「ドゥカティやホンダ、サテライトチームのLCR、それからスズキの後塵を拝していることが問題なんだ」

「スズキの改善は僕らにとって大きな問題だ。僕らも改善する必要がある」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 David Gruz)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します