現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > TEAM MUGENの監督に就任。中野信治の多忙な1年「チームの、そして日本のモータースポーツのイメージを変えていきたい」

ここから本文です
スポーツ 2019.3.11

TEAM MUGENの監督に就任。中野信治の多忙な1年「チームの、そして日本のモータースポーツのイメージを変えていきたい」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 中野信治にとって2019年は、多忙な1年になることは間違いなさそうだ。

 今年から鈴鹿サーキットレーシングスクール(SRS)のヴァイス・プリンシパルを務めることになっていた中野。しかもTEAM MUGENのスーパーGTとスーパーフォーミュラのチームで監督を務めることになり、さらに多忙を極めることとなった。

    ”日本人の強さ”を持った、国際人を育てたい……新生SRSを支える中野信治に訊く

「監督という仕事がどこからどこまでを指すのかはすごく難しいんですけどね……」

 中野に今年の抱負を尋ねると、そう語った。

「ドライバーとしての経験から、監督ってこういう風にしてくれたらいいな、こういう立場にいてくれたらいいな……そういうイメージが僕の中になんとなくあります。それを自分の中で念頭に置いて、やっていきたいと思います」

「クルマを作り上げるとか、戦略をどうするかという部分は、ドライバーやエンジニアがやることだと思います。だから監督としては、決めかねる部分があった時に指示したり、チームの象徴のような存在だと思います」

 ただ中野は、チームを強くしていくという以外にも、無限のブランド力を向上させていく役割も担っていきたいと語る。

「そんな中では、チームをどう見せていくかも大事です。無限のブランディングを高めていくということを、数年かけてやっていければいいと思います。我々はレーシングチームですが、その枠を超えて『おお無限! すごい!』と思ってもらえる、そんなイメージを作り上げていきたい……ぼんやりとですが、それが僕のやりたいことですね」

「外から見たときの無限のイメージは、”少しマニアック”という感じだと思います。それを、誰が見ても”無限だ”と思ってもらえるようにしたい。ホンダとか、ニッサンのようにです。その作り方というのは色々とあるでしょうから、それは僕がこれまで、レース以外のところで培ったことを融合させながら、その人脈も活かしながら、何かやれないかなと思っています」

 前述の通り、中野は日本のレーシングドライバーの登竜門とも言える、SRSの副校長役を務める。このSRSでの活動と、無限の監督業はリンクすることはあるのか? それについて尋ねると、中野は次のように説明した。

「今はまだありません。ですが、将来的には何らかの形でリンクさせていきたいと思います。それができる可能性はあるはずです。僕は単にチーム監督をやるだけではなく、そういうことも含めたブランディングを行なっていきたい。イメージしていることはたくさんあるので、繋げていきたいですね。DAZNでは、F1の解説も務めさせていただいていますが、そこも繋げていければいいと思っています。そのイメージが、僕の中にはまだなんとなくですが、あるんです」

 SRS、無限、DAZNでの解説……今年の中野は、まさにレース漬けの1年と言えよう。

「僕はこれまで、暇が売りだったんですけどね」

 中野はそうおどけてみせたが、自分の見据える方向性について説明してくれた。

「圧倒的にレース漬けの1年になると思います」

「F1とかチャンプカーの時も忙しかったので、そういう意味では忙しさ自体はあの頃と同じくらいかもしれません。でも内容が多岐にわたるので、そういう意味では僕自身も勉強しなきゃいけないことが山ほどあります」

「でもまあ、そういう年齢なんだと思います。それはありがたいことですし、こういうチャンスをできるだけ活かしていきたいです。そして色々なモノを繋げていくことで、モータースポーツ全体のイメージを変えていきたい、ステータスを上げていきたいと思っています。それが僕の究極の目標だし、僕がモータースポーツに対してできる唯一の恩返しかもしれない」

「僕がレース界の方々だけではなく、外の世界の方々ともお付き合いをしてきました。だからこそ、どうするべきかということのイメージは僕の中にあって、それをどうチームや日本のモータースポーツに落とし込んでいくか……それができれば、色々なことが変わっていくかもしれない。すぐにはできないかもしれませんけどね。でもそれができれば、自分のやってきたことに意味があったと思えるかもしれません」

「ドライバーの育成という面に関しては、若い人たちがもっと早くいろんなことを学べて、F1やヨーロッパでも戦えるようにしていきたいです。今は(F1に)ホンダがいますけど、それがなくても戦っていける、人間力を持った人が育ってほしい。そうなれば、日本でのモータースポーツのイメージが変わるし、ステータスも上がる。当たり前のことを当たり前にできるようになれば、全体的なステータスは上がる……モータースポーツ界がそんな形になっていけばいいなと思っています」

 多忙な1年を過ごすことになる中野信治。しかしそれは、彼が目指すところの第一歩に過ぎないのかもしれない。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 田中健一)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します