現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > TCR EU:モルビデリが古豪ウエスト・コーストに復帰。ルノー、プジョー、アウディ陣営も体制発表

ここから本文です
スポーツ 2019.3.11

TCR EU:モルビデリが古豪ウエスト・コーストに復帰。ルノー、プジョー、アウディ陣営も体制発表

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スウェーデンの古豪ウエスト・コースト・レーシング(WCR)が、2019年にTCRヨーロッパ・シリーズにフル参戦することを表明。かつてTCRインターナショナル・シリーズをともに戦ったジャンニ・モルビデリが2年ぶりにチームに復帰し、オリー・カンガスとの2台体制でフォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCRを投入する。

 2018年は地元STCCスカンジナビアン・ツーリングカー選手権と、初開催のTCR UKシリーズを主戦場としてきたWCRは、それらのプログラムに加えてTCRヨーロッパ最終戦のバルセロナ・ラウンドにもスポット参戦。

    WTCR:北欧ツーリングカーの強豪PWRレーシングが世界戦に昇格。セアト・クプラ最後の2台枠に

 2017年BTCCイギリス・ツーリングカー選手権王者のアシュリー・サットンと、TCR UKでレギュラーを務めたアンドレアス、ジェシカのバックマン兄妹を起用し、サットンが表彰台を争う好パフォーマンスを披露していた。

 またWCRは、WTCR世界ツーリングカー・カップの前身となるTCRインターナショナル・シリーズが開催されていた3シーズンすべてに参戦し、モルビデリをエースに擁立。シリーズがWTCC世界ツーリングカー選手権と併合しWTCRに生まれ変わった2018年は、チーム・ミュルザンヌに移籍してTCR最高峰シリーズに挑戦していたモルビデリが再びチームに合流し、WCRの欧州シリーズ挑戦を後押しすることになった。

「なにより、WCRにカムバックできて幸せだ」と喜びを語る元F1ドライバーのモルビデリ。

「私には彼らとともに過ごした3シーズンの素晴らしい思い出がある。この競争が激しい欧州シリーズでゴルフGTIをドライブできるのは大きな喜びだ。この機会を与えてくれた(代表の)ディック・ジョンソン-ウィグロースには感謝しているし、尊敬する友人と仕事ができるのはいつだって楽しいものだ」

 そのモルビデリの賛辞に応えたチーム代表のディック・ジョンソン-ウィグロースも「彼がチームに戻ってきてくれたことを心から喜んでいる」と、今季に向けた展望を語った。

「彼はこれまで以上に高いモチベーションを見せているし、我々はそんな男とトラック内外で仕事ができることをいつだって楽しんでいる。TCRヨーロッパは最も競争の激しいTCRシリーズのひとつであり、我々は勝負に参加することを楽しみにしている。そして(オリー)カンガスを迎えられたこともうれしい。彼ならシリーズにいくつかの驚きをもたらせると信じている」

 今季モルビデリのチームメイトを務めるフィンランド出身のカンガスは、LMSレーシングからSTCCに参戦。昨季は同チームのセアト・クプラTCRをドライブしていた。

「TCRスカンジナビア(STCC)での数シーズンを経て、WCRとともにTCRヨーロッパ進出を決めることができて本当に興奮しているんだ」と、抱負を述べた22歳のカンガス。

「シリーズで戦うトラックはこれまでとまったく異なり未知の領域だけど、それを学ぶのも楽しみだ。そしてこれほど経験と知識の豊富なチームと一緒に仕事ができるのも光栄だし、チームメイトのジャンニからもあらゆることを吸収したいと思っているよ」
 一方、2019年シーズンの本格デリバリーに向け新たにEvoモデルのホモロゲーション取得を行ったブコビッチ・モータースポーツ製のルノー・メガーヌR.S.TCRが、チームの独自プロジェクトとして初のシリーズフル参戦を発表。ドライバーにはWTCC経験者のジョン・フィリピを起用する。

「この挑戦にとてもワクワクしているし、冒険の一員に加われたことを誇りに思うよ」と意気込みを語ったフィリピ。

「昨年末にこのマシンをドライブする機会に恵まれたが、正直に言ってトラックを走り出した瞬間からクルマのポテンシャルを感じることができた。良い戦いができると確信しているよ」

 このブコビッチ・モータースポーツのチームマネージャーには、WTCCでワークスチームとして活動した元シボレー・モータースポーツ・ヨーロッパのディレクター、エリック・ニーブが就任し、初参戦ながらも高い目標を設定している。

「チームマネージャーとして最大の課題は、可能な限り最高の職場環境を作り出すことだ。そのため技術面および人材の両面で準備が必要になる」と語ったニーブ。

「我々はドライバーに最高のコンディションを与える必要がある。ジョン・フィリピの起用は我々にとっても論理的な選択だ。彼を招くことができて光栄だし、WTCCでの経験は欧州シリーズでの目標達成の助けになるだろう。このシリーズでメガーヌとともに勝利を挙げたいね」

 また、昨季TCRヨーロッパのスパ・フランコルシャン戦で勝利を飾ったジュリアン・ブリシュ擁するJSBコンペティションも3台体制でのエントリーを発表。その内訳は2台のプジョー308TCRと、セアト・クプラTCR DSGとなり、そのセアトには昨季のTCRヨーロッパDSGチャレンジでランキング2位となった28歳の女性ドライバー、マリー・ボウ-コパンを起用。

 もう1台にはプジョー・レーシング・カップなどで活躍したティーンエイジャーで、こちらも女性ドライバーのリル・ウォードを起用するが、最後の308のシートは空席となっており、優勝経験者のブリシュが継続参戦するかはまだ未定となっている。

 2019年はフォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCRとアウディRS3 LMSの変則2台体制を敷くベルギーの名門、チームWRTは、ゴルフをドライブするマキシム・ポティのチームメイトにフォーミュラ出身のサンティアゴ・ウルティアの起用を発表。

 ウルグアイ出身で22歳のウルティアは、北米のシングルシーター・ラダーを順調にステップアップしてきたホープで、2015年にはプロ・マツダ・チャンピオンシップを制覇。インディライツに昇格したルーキーイヤーはわずか2ポイント差でタイトルを逃し、続く2017年も連続のランク2位。2018年は同3位と好成績を残してきたが、ここへきてツーリングカーへの転向を決断した。

 また昨季のTCRヨーロッパでシリーズランキング3位となったドゥサン・ボルコビッチは、ターゲット・コンペティションに残留しヒュンダイi30 N TCRのステアリングを握ることが決まっている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します