現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > WRC:トヨタ、メキシコ3日目でタナクが表彰台圏内に。「ヤリス全車が速さと信頼性を発揮」

ここから本文です
スポーツ 2019.3.10

WRC:トヨタ、メキシコ3日目でタナクが表彰台圏内に。「ヤリス全車が速さと信頼性を発揮」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 現地3月9日に行われたWRC世界ラリー選手権第3戦メキシコの競技3日目。3台のトヨタ・ヤリスWRCを投じるTOYOTA GAZOO Racing WRTは、オット・タナク(トヨタ・ヤリスWRC)が総合2番手と2.2秒差の総合3番手に浮上し、表彰台を射程圏に捉えた。

 今大会最長32.27kmのステージを含む構成で争われた競技3日目は高い気温や標高だけでなく、荒れた路面もクルーを苦しめる要素になった。

    【順位結果】2019WRC第3戦メキシコ SS18後結果

 前日、総合3番手につけていたクリス・ミーク(トヨタ・ヤリスWRC)は途中終了となったSS10で、直近のライバルであるエルフィン・エバンス(フォード・フィエスタWRC)を12.1秒引き離してトップタイムを記録し、総合首位に浮上したが、続くSS11でパンクに見舞われてしまう。

 ステージ途中でパンクしたミークだったが、マシンを停めてタイヤ交換をせずに走行を続行。最終的にトップから90秒以上の遅れを取り、総合5番手に後退してしまう。

 さらにパンクしたタイヤでステージを走行した影響でサスペンションにもトラブルが発生。SS12ではスロー走行を余儀なくされ、最終的には総合5番手で3日目を走り終えたものの、トップとは4分37秒1のギャップがついてしまった。

 そのミークに代わり、トヨタ陣営のトップにつけたのがタナク。競技2日目は先頭走者を務め、荒れた路面を切り開く“掃除役”を務めたタナクだが、この日は出走順が後ろになったため、持ち前のペースを発揮した。

 タナクは最長距離のSS14“オタテス2”と続くSS15“エル・ブリンコ2”でステージ優勝を飾るなど活躍して、総合3番手でフィニッシュ。首位のセバスチャン・オジエ(シトロエンC3 WRC)とは29.2秒差、総合2番手のエルフィン・エバンス(フォード・フィエスタWRC)とは2.2秒差となっている。

 競技2日目終盤にオルタネータートラブルでリタイアを余儀なくされたヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC)はマシントラブルを解決し、競技3日目に参加。SS11“オタテス1”とSS12“エル・ブリンコ1”でトップタイムを記録して総合8番手までポジションを上げている。

■トミ・マキネン「今日は3台のヤリス全車が速さと信頼性を発揮」


 チームの指揮を執るトミ・マキネンは「今日はオット(タナク)が素晴らしいパフォーマンスを発揮し、総合2位争いを演じてくれた。明日も今日のような戦いをしてくれるはずだ」とコメントしている。

「今週末の戦いは、まだ60kmほど残っているし、これだけタフな状況では何が起きても不思議ではない。今日は3台のヤリスWRCすべてが速さを信頼性を発揮してくれた」

「総合首位に立った直後に、クリス(ミーク)がパンクしたことは残念だったが、あのステージの路面はかなり荒れていて、大きな石も転がっており、運悪くパンクしてしまった。それでもまだポイントを獲得できる順位につけている」

「そしてヤリ-マティ(ラトバラ)は遅い出走順を最大限に活かして、ステージトップタイムを複数回記録している。昨日、ああいった幕切れを迎えてドライバーにとっては大事なことなんだ」

 表彰台圏内につけるタナクは「今朝は滑りやすい路面コンディションだったが、うまくマネジメントできた。午後は戦うチャンスがあったから、タイムを縮めようと努力したよ」とコメント。

 ミークは「(SS11で)パンクした後、タイヤ交換せずに走り切る選択をした。ステージタイムを考えれば正しい判断だったと思うけど、代償としてリヤサスペンションにダメージを負ってしまったんだ」と述べている。

「総合5番手までポジションを落とした上に、何かを争うような状況ではなくなったことは残念だけど、チームのために貴重なポイントを持ち帰ることは大事なことだ」

 前日、マシントラブルでデイリタイアしていたラトバラは「昨日と比べれば、パフォーマンスは明らかに改善しているから、1日全体で考えれば満足できる」とコメントしている。

「明日も今日と同じようなスピードで走ることができれば、総合7位(獲得)も十分可能だと思う。また、選手権にとって重要となる、パワーステージでのポイント獲得も狙っていくよ」

 競技最終日となる現地10日はSS19~21の3SSで争われる。ステージの多くはこれまでに走行していたSSと重なる場所があるほか、最終SS21は上位5名にボーナスポイントが与えられるパワーステージとして行われる。

 全3SS合計の走行距離は60.17km、リエゾン(移動区間)も含めた1日の総走行距離は181.98kmだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します