現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 過去2年“気難しい”マシンに手こずったメルセデスF1。開幕戦でも「いくつか改善を試みる」とボッタス

ここから本文です
スポーツ 2019.3.10

過去2年“気難しい”マシンに手こずったメルセデスF1。開幕戦でも「いくつか改善を試みる」とボッタス

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 過去2年間、メルセデスのドライバーとエンジニア、そしてチーム上層部は自分たちのマシンを“ディーバ”と呼んでいる。

 辞書によると“ディーバ”とは、1)有名な女性オペラ歌手、または、2)わがままで気まぐれな、気難しい人物、とある。

    名門ウイリアムズ、貴重なテストの機会を失い課題山積のまま開幕戦へ/全チーム戦力分析(6)

 メルセデスのマシンが有名なオペラ歌手であるわけはないが、気難しいマシンであったことは確かだろう。マシンはあるコースでは素晴らしいパフォーマンスを発揮するが、別のコースでは調子が出ないことがあったからだ。

 バルテリ・ボッタスは、2019年のメルセデスW10がまたも“ディーバ”となることを懸念しているだろうか。

「その心配はしていない。まだシーズン開幕前だし、判断するには早すぎる。コースによって変化するから、(気温の低いなか行われたバルセロナテストと比べて)適切な気温(で行われるレース)でマシンがどう挙動するか様子を見ることになる」とボッタスは語った。

「チームはマシンの調子が最高になるよう作業している。僕たちは進歩を続けている。マシンが良い一歩を踏み出したと感じる領域が少なくともいくつかある。低速コーナーでは昨年よりもマシンの感触が良いし、他の一部のエリアでもそうだ」

 テストが進むにしたがって、メルセデスはマシンに新たなアップデートを施していった。

「いくつか変更と、新しいものを投入する必要があることに気づいたんだ」

「(アップデートは)ずっと前から念入りに計画されていたことだ。そしてメルボルンに向けてもいくつか改善を試みるのは確かだよ」

 多くのドライバーやデザイナー、エンジニアが推測しているように、各チームとマシンの競争力のレベルは、シーズン中に変化するものと見られる。ボッタスも同様に考えている。

「ルール変更は大規模なものではないけれど、マシンが空力面でどれほど複雑なものかということを考えると、各チームがシーズン序盤から終盤にかけて、昨年よりも大きな改善を見せることになるだろう」

「長いシーズンが待ち受けている。開発の方向において正しい方へ進めば、僕たちは強くなれるだろう。でも今の時点では、誰もが推測しているだけだ」

 メルセデスが5年連続でコンストラクターズ選手権とドライバーズ選手権でタイトルを獲得している事実を考慮すれば、2019年も“ディーバ”のようなマシンを持つことは良いことかもしれない!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します