現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 転倒相次ぐ波乱のMotoGPカタールGP予選日、ヤマハのビニャーレスが2019年最初のポール獲得

ここから本文です
スポーツ 2019.3.10

転倒相次ぐ波乱のMotoGPカタールGP予選日、ヤマハのビニャーレスが2019年最初のポール獲得

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年シーズンMotoGP開幕戦カタールGPのMotoGPクラス予選が、カタールのロサイル・インターナショナル・サーキットで行われ、マーベリック・ビニャーレス(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)が今季最初のポールポジションを獲得。参戦2年目の中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)は9番手につけ、3列目からスタートとなった。

■FP3でレプソル・ホンダの両雄がまさかの転倒
 開幕戦の予選日は晴れているものの強い風が吹く天候。フリー走行3回目ではセッション開始早々にホルヘ・ロレンソ(レプソル・ホンダ・チーム)が6コーナーでハイサイドを喫し、転倒。激しく路面に叩きつけられた。その直後、チームメイトのマルク・マルケスも14コーナーで転倒。マルケスはゼブラゾーンに乗った状態でフロントタイヤを切れ込ませ、スリップダウンを喫している。

    ビニャーレスが開幕戦ポール獲得/【順位結果】2019MotoGP第1戦カタールGP MotoGPクラス予選

 ロレンソ、マルケスともに立ち上がってピットに戻ったが、ロレンソはその後、自身の足でメディカルセンターへ向かった。ロレンソはセッション中にピットに帰還したが、走行は行わなかった。

 一方、マルケスは残り25分で走行を再開。残り時間5分で、このセッションのトップタイムとなる1分54秒677をマークしている。

 マルケスは前日のフリー走行2回目で記録したタイムにより予選Q2進出を決めたが、ロレンソは走行に復帰せず、タイム更新がなかったことから、3回のフリー走行で総合11番手となり、Q1からの予選となる。

 中上貴晶はフリー走行3回目で5番手タイムをマークしたが、総合としては12番手で予選Q1から臨むことになった。

 Moto3、Moto2クラスの予選を挟んで行われた、MotoGPクラスのフリー走行4回目。怪我が心配されたロレンソは、このセッションの最初からコース上に姿を現し、走行を行った。ロレンソはこの30分間のセッションを、15番手で終えている。

 フリー走行4回目では転倒が相次ぎ、マルケスも6コーナーでこの日2度目の転倒を喫した。ただ、大きな怪我はなかったようで、その後も走行を続けている。

■予選Q2でトップを維持したビニャーレスが開幕戦ポール獲得
 フリー走行4回目から10分後にスタートした予選Q1は、気温16度、路面温度17度のドライコンディションのもと、行われた。

 まず開始5分でトップに立ったのはロレンソだった。しかしセッション中盤、カル・クラッチロー(LCRホンダ・カストロール)がロレンソのタイムをわずか0.002秒上回ってトップに浮上する。

 残り8分を切って、クラッチローのトップは変わらず、ロレンソ、フランセスコ・バニャイア(アルマ・プラマック・レーシング)が続く。中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)はこの時点で、トップから約0.5秒差の5番手につけていた。

 残り時間5分を切って、各ライダーがセカンドアタックに入る。ここで2番手に付けていたロレンソが2コーナーでスリップダウン。2コーナー旋回中にフロントタイヤを切れ込ませ、この日2度目の転倒を喫した。ロレンソは走行を再開することなく、ここで予選を終える。ロレンソは自力で立ち上がり、ピットに向かった様子から、大きな怪我はなかったとみられる。

 そのロレンソのタイムを、中上が終盤のアタックで見事に更新。1分54秒431をマークし、2番手に浮上すると、このままポジションをキープ。中上、そして序盤に記録したトップタイムを守ったクラッチローという、LCRホンダのふたりがQ2進出を決めた。

 このセッションでは転倒が相次ぎ、ロレンソ以外にティト・ラバット(レアーレ・アビンティア・レーシング)、ヨハン・ザルコ(レッドブル・KTM・ファクトリーレーシング)が2コーナーで転倒している。

 最終的にロレンソは15番手、また、やはりQ1から予選に臨んだバレンティーノ・ロッシ(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)は、開幕戦カタールGPを14番グリッドから迎えることとなった。

 続いて始まった予選Q2。序盤のアタックでビニャーレスが1分53秒844のタイムを叩き出してトップに浮上する。ファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハSRT)、アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ミッション・ウィノウ・ドゥカティ)、マルケスなどがタイムを更新するも、ビニャーレスのタイムに届かない。

 さらに中上がタイムを更新。やはりビニャーレスのタイムには及ばなかったが、2番手に浮上する。

 セッション中盤、ビニャーレスのトップは変わらず、2番手に中上、3番手にクラルタラロ、4番手にドヴィツィオーゾ、そしてマルケスは5番手で続く。

 残り時間5分となるころ、セカンドアタックがスタート。トップをキープし続けるビニャーレスが、再びトップタイムを更新する。追随するようにジャック・ミラー(アルマ・プラマック・レーシング)、ドヴィツィオーゾもタイムを縮めるも、ビニャーレスのタイムに届かない。

 最終盤、マルケスがタイムアタック。しかしビニャーレスに約0.2秒及ばず、マルケスは3番手となった。ビニャーレスは序盤からトップを譲ることなく、2019年シーズン開幕戦のポールポジションを獲得した。

 2番手にはドヴィツィオーゾ、3番手には最後にジャンプアップしたマルケスで、ヤマハ、ドゥカティ、ホンダの3メーカーがフロントロウに並んだ。一時は2番手タイムにつけた中上は9番グリッドを獲得し、決勝レースを3列目から迎える。

 ルーキー勢トップのグリッドを獲得したのはクアルタラロで、MotoGPクラスのデビューレースにして2列目5番グリッドを手にした。

 2019年シーズン最初のレース、開幕戦カタールGP決勝は、日本時間3月11日の午前2時からスタートする。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します