現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 神宮外苑いちょう並木でレッドブルF1がデモラン実施。史上初の2台走行で1万人のファンを湧かせる

ここから本文です
スポーツ 2019.3.9

神宮外苑いちょう並木でレッドブルF1がデモラン実施。史上初の2台走行で1万人のファンを湧かせる

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 3月9日、ホンダF1の2019年シーズンキックオフイベントが行われ、『Red Bull Showrun Tokyo』と題してアストンマーティン・レッドブル・レーシングの2台によるデモランが神宮外苑のいちょう並木で行われた。東京都内の公道をF1マシンが走行するのは初めてのこと。特設コースには約1万人のファンが集まり、史上初のデモランを見守った。

 日本では2009年にデイビット・クルサードが神宮球場で、2011年にはセバスチャン・ブエミが横浜でデモランを行っている。だが東京の街の公道をF1マシンが走るのは初めてのことだ。さらに、2台のマシンがデモランを行うというのも史上初の試みで、まさにレッドブルとホンダのパートナーシップの船出を飾るにふさわしいイベントとなった。

    神宮外苑いちょう並木でレッドブルF1がデモラン実施。史上初の2台走行で1万人のファンを湧かせる

 会場となった神宮外苑のいちょう並木には、2台のF1マシンによるデモランを一目見ようと720mの特設コースを囲むように約1万人のファンが集まった。

 デモランの前には『ヒーローラップ』という名目で、ピエール・ガスリーとマックス・フェルスタッペンがアストンマーティンの後部座席に乗り込み、下見を兼ねてコースを1往復した。

 そしていよいよデモランへ。まずはガスリーが走り出し、コースを1往復。2往復目にはドーナツターンも披露し、一度ピットへ戻った。続いてフェルスタッペンは、ガスリーよりも速いスピードでコースを駆け抜けた。フェルスタッペンもガスリー同様にコースを2往復し、ドーナツターンを行いピットへ。この後にはデモランの終了を知らせるチェッカーが振られた。

 ところがガスリーとフェルスタッペンはもう一度コースへ出て行き、集まったファンの前で再度ドーナツターンやバーンアウトを披露。本来の予定を超える走行を披露し、集まったファンを大いに湧かせた。


■世界初、大学構内にレッドブル・ホンダF1のピットを設置
 ホンダF1の2019年シーズンキックオフイベント『2019 Honda F1 Kick Off』、レッドブル・ホンダによる『Red Bull Showrun Tokyo』の裏側で、実はもうひとつのプロジェクトが動いていた。

 それが、青山学院大学の学生フォーミュラチームと体育会自動車部、レッドブル・ジャパン学生チームに所属する青学の学生である一色大地さんらによる、『世界最高峰F1チームと青山学院学生による知的交流』だ。今回のF1ショーランのために、レッドブルの仮設ピットを青学の構内に設置しチームスタッフと学生の交流を目的としたワークショップが開かれた。

 レッドブルは世界中でF1のショーランを行っているが、大学の構内にF1のピットを設置するというのは世界初の試み。このワークショップにはレッドブル・ホンダ側からのスタッフ2名と、青学の卒業生で、現在ホンダのHRD Sakuraでパワーユニット開発に携わる久保哲宏さんの3名が参加。学生フォーミュラで活動する学生などからも積極的に質問が挙がり、盛り上がりをみせた。







  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します