現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブルF1ジュニアのティクトゥム、2019年シーズン後半でのF1テスト参加を望む

ここから本文です
スポーツ 2019.3.9

レッドブルF1ジュニアのティクトゥム、2019年シーズン後半でのF1テスト参加を望む

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レッドブルF1のジュニアドライバーであるダニエル・ティクトゥムは、2019年後半にレッドブルのテストを受ける機会を得たいと願っている。そうすれば、その先の2020年にF1昇格が見えてくるからだ。

 マカオGPでこれまで2度優勝しているティクトゥムは、当初2018年にハンガリーで行われたF1インシーズンテストにレッドブル・レーシングから参加する予定だった。しかし、F1で義務付けられているスーパーライセンスの取得に必要なポイント数に達していなかったため、結局参加を断念した。

    【動画】レッドブル・ホンダカラーのF1が鈴鹿を走る。最新カラーと懐かしのサウンドが融合

 それ以降、19歳の有望株はF3でのレースを通してライセンス取得に必要なポイントを稼ぎ、貴重なF1への許可証を手にした。

 2019年に全日本スーパーフォーミュラ選手権参戦を予定しているティクトゥムは、3月2~3日に鈴鹿で行なわれた『ファン感謝デー』において、レッドブルの旧型マシン『RB7』を走らせた。この心躍るような体験で、グランプリドライバーになりたいというティクトゥムの気持ちはさらに強まったようだ。

「先週のイベントは本当に楽しかった。そしてレッドブルから、チームを代表してデモランをするようにと要請されたのは、僕にとってとても光栄なことだった。だから喜んで引き受けたんだ。すべてはうまくいったよ」とティクトゥムは語った。

「今年のどこかの時点で『RB15』のテストに参加したいと願っている。今は何も決まっていないけれど、もしかしたら可能かもしれない。参加して、それがすごく良い機会になればと思っているんだ」

「僕は自分の仕事をしっかりとこなしていこうと思う。もしここ(スーパーフォーミュラ)でうまく結果に繋げられれば、ボスに喜んでもらえるだろうし、そうすれば彼が2019年のうちにレッドブルのマシンに乗る機会を与えてくれるかもしれないからね」
 ティクトゥムは自らの夢を追いかけつつも、いったんF1から気持ちを切り離して、4月に開幕するスーパーフォーミュラ選手権に集中しなければならないと語る。

「正直に言って、僕は(F1に)昇格することばかり考えてきた。少し気持ちがそっちに向き過ぎていると思う」

「いつもみんなにこう聞かれるんだ。『もしF1に行けたら何を達成したい?』って。だけど僕はまず、ここでとても良いシーズンを送らなければいけない。F1に行くのはそれからだ」

「その場合、おそらくトロロッソに加わる可能性が高いと思う。さらにその先のことは、今はまったく分からない。けれど僕はベストを尽くして努力を重ねるだけだ」

「だから今年は、まずスーパーフォーミュラで良い結果を残せるように、できる限り集中していこうと思っている」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します