現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 2019年のF1はフロントウイングの”スペア”が激増? スタート直後の事故は要注意!

ここから本文です
スポーツ 2019.3.8

2019年のF1はフロントウイングの”スペア”が激増? スタート直後の事故は要注意!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レーシングポイントF1チームのテクニカルディレクターを務めるアンディ・グリーンは、各F1チームは今シーズン、例年よりも多くフロントウイングの予備を用意する必要があると考えている。

 オーバーテイク促進のため、空力レギュレーションが変更された2019年のF1。中でもフロントウイングは大きく変更された。カスケードウイングなどの複雑なコンポーネントが禁止された他、幅が1800mmから2000mmへと拡幅されているのだ。

    ■ホンダ+レッドブルF1で、エイドリアン・ニューウェイのやる気が急上昇「ホンダのPUは”自社製”に近い」

 グリーンは、この影響によりフロントウイングがダメージを受けやすくなるため、例年よりも多くのスペアパーツを用意しなければならないと考えているようだ。

「通常、我々はレースに5つのフロントウイングを持ち込むことを検討する」と彼は語った。

「私は、今年それが7つから9つまで増えると思う」

「どのようになるか見てみよう。シーズン序盤の展開によっては、それ以上に多くのスペアが必要になるかもしれない」

 いざという時のために、より多くのパーツを用意しなければならないというのは、各チームにとって予算的に負担となってくる。しかしグリーンは、ウイング自体が単純化されていることにより、そのデメリットが相殺されると主張した。

「予算という面では、おそらく変わらないだろう。製造がより簡単になったため、価格も下がったからだ」

「だから我々は、フロントウイングのスペアをより多く用意することになるだろう」

 さらにグリーンは、フロントウイングにダメージを負うことを避けるため、レーススタート直後のドライバーたちはより慎重になる必要があると話した。

「ウイングはかなりワイドになっていて、とてもダメージを受けやすくなっている」

「(テストで)あまり激しくプッシュしていないのに、すでに縁石とウイングの底が接触していた。ドライバーは1周目にターン1に入っていく際、かなり警戒する必要がある」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Pablo Elizalde)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します