現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > サインツ、「マクラーレンは最後尾争い」というレッドブル首脳の発言に反論

ここから本文です
スポーツ 2019.3.8

サインツ、「マクラーレンは最後尾争い」というレッドブル首脳の発言に反論

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコが、2019年シーズンにマクラーレンは後退するだろうと予測したことに対して、レッドブルの契約を離れ今季からマクラーレンに移籍したカルロス・サインツJr.が応えた。

 マルコは、先日終了したバルセロナでのプレシーズンテストおよび3月17日に控えているF1開幕戦オーストラリアGPにおいて、チームの序列をどう見るか意見を明らかにした。

    ルノーはリカルド加入で士気向上。“大幅に進化した”パワーユニットで表彰台を目指す/F1合同テスト総括(4)

 マルコは、レッドブル・レーシングはフェラーリのすぐ後ろにつけているが、メルセデスよりは優勢だと考えているという。また、中団グループは接戦になり、マクラーレンはウイリアムズと下位で争うことになるだろうと主張している。

「彼の予測は尊重するけど、自分たちがどこにつけているかはもう分かっているよ。2018年とほぼ同じ位置だ」とサインツJr.は、マクラーレンのスポンサーであるエストレージャ・ガリシアがスペインのマドリードで開催したイベントで語った。

「彼らが持つデータがその発言を導き出したのは確かだと思うから、議論するつもりはない」


「僕が言えることは、チームは過去のテストよりも多くの周回を走行したということだ。(レースで)6位になるか9位になるか話すことは無理だけど、僕たちはこれまでの年より良い準備ができた状態で、オーストラリアに向かうよ」

■サインツは、ハースF1が2019年のダークホースになると予想
 2019年に接戦となる中団グループを評価したサインツJr.は、ハースがダークホースになり得ると考えている。

「昨年のハースは、中団グループから抜きん出ていたように感じたから、彼らには驚かされるかもしれない。でも他のチームはシミュレーションに関わらず拮抗しているし、あとコンマ数秒の速さを隠している」

 サインツJr.は結局のところ、マクラーレンがこのシーズンをどこから始めるかではなく、どこで終わるかということに焦点を置いている。

「テストの1週目から2週目にかけて、多くの進歩があった。何も新しいものは持ち込んでいなかった。持っているものを最適化しただけだ」と彼は付け加えた。

「目標はスタート時より上の順位で終わることだ。チームが早くから2019年のマシンに焦点を切り替えなければならなかった昨年のようにではなくね」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します