現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ウイリアムズ、泣きっ面に蜂……開幕までにミラーとフロントサスペンションを修正へ

ここから本文です
スポーツ 2019.3.8

ウイリアムズ、泣きっ面に蜂……開幕までにミラーとフロントサスペンションを修正へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウイリアムズの新車FW42は、2019シーズンのF1開幕戦オーストラリアGPまでに、フロントサスペンションとリヤビューミラーの設計を修正する必要に迫られているようだ。

 マシンの製造遅れにより、オフシーズンテストへの合流が遅れるなど、ウイリアムズの滑り出しは決して順調とは言えない。

    ■ホンダ+レッドブルで、エイドリアン・ニューウェイのやる気が”急上昇”「ホンダのPUは”自社製”に近い」

 2日以上遅れて合同テストの場であるバルセロナのカタルニア・サーキットに姿を現した新車FW42は、斬新なウイング形状のミラーと、特徴的なフロントサスペンションを持ったマシンだった。

 しかしmotorsport.comの調べによると、FIAがこれらの設計に満足しておらず、ウイリアムズはオーストラリアGPで車検不合格となるような問題に直面しないよう、それらを修正することになるようだ。

 ウイリアムズは背面が凹状に湾曲したリヤビューミラー(トップ画像)を使用していた。全チームの中でも特に複雑なデザインが施されていたものの、FIAに指摘された問題点を踏まえ、新しいバージョンを用意する必要があるだろう。

 またフロントサスペンションについては、FIAの技術規則で『各アップライトと車両をつなぐサスペンションメンバーは6つ以下でなければならない』と定められている。つまりフロントサスペンションについては、上下ウィッシュボーンのメンバーで4つ、プッシュロッド、ステアリングアームで計6つとなる。

 しかしウイリアムズのFW42には、下側のウィッシュボーンアームに沿って細い”7番目”のメンバーが存在していた(サスペンション模式図の左矢印)。これは開幕戦までに取り除かれることになる。ただし、上側のウィッシュボーンとアップライトをつなぐ、特徴的なマウント(模式図右矢印)の使用は問題ないようだ。

 これらの変更点は、新車FW42の中でも”攻めた試み”だったものの、それを中止せざるを得なくなったのはチームにとって大きな打撃だろう。それを主導したはずのテクニカルチーフ、パディ・ロウが”個人的な理由”で休暇中であるウイリアムズ……まさに泣きっ面に蜂の状態で開幕戦を迎えることになる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Scott Mitchell)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します