現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ホンダ+レッドブルF1で、エイドリアン・ニューウェイのやる気が急上昇「ホンダのPUは”自社製”に近い」

ここから本文です
スポーツ 2019.3.8

ホンダ+レッドブルF1で、エイドリアン・ニューウェイのやる気が急上昇「ホンダのPUは”自社製”に近い」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、ホンダとパワーユニット供給契約を結んだことにより、チームスタッフのモチベーションが高まったと語る。

 ホーナー代表は、ルノーと12年間過ごした後、ホンダとのパートナーシップを結んだことは大きな意味があったと改めて強調した。

    ■HRD Sakura連載「テストベンチは面白い!」第1回:テストベンチの役割とは?

「ファクトリーを歩き回って際立って感じることのひとつ、それは楽観的な雰囲気だ」

 ホーナー代表は、motorsport.comの姉妹誌であるF1 Racingのインタビューでそう語った。

「我々はエンジン(パワーユニット)が50~60馬力も劣っていることを知りながらシーズンインしていた。それはグループ全体にとっても厳しいことだった。我々は以前にも、本来ならば敵うはずのない相手と戦ってきた。しかし今、何かが変わる夜明けのような場所にいるのかもしれない」

 マシン開発において重要な役割を担うエイドリアン・ニューウェイのモチベーションも、ホンダと組んだことで高まっていると語る。

「エイドリアン・ニューウェイのモチベーションは、ホンダとの関係が始まって以来急上昇している。技術的な観点から言えば、シャシーとエンジンの間に明確な障壁があるのではなく、はるかに一体化されているからだ」

「こういった共同作業は、メルセデスとフェラーリが明らかに享受したことだ。ホンダは自社製エンジンに近いのだ」

「このチームは、素晴らしいことを成し遂げることができる。そして将来再び成功することについての欲望があり、それを渇望している」

 ホーナー代表は、さらに続ける。

「オーストリアにいる(レッドブル総裁のディートリッヒ)マテシッツ氏から、ミルトンキーンズのファクトリーにいるエンジニアまで、F1に対する大きなエネルギーと熱意がある。強力なドライバーラインアップも有しており、2018年よりもより頻繁に(トップ2チームに対して)挑戦したいと思っている」

「ルノーが自前のチームを結成した今、そして彼らの計画の中では、我々は急速に不便になってしまった。彼らにとっても、我々の存在が苦痛の種になった。我々が選んだ道は、全ての関係者に合ったものなんだ」

 シーズンが実際に開幕するまでは、自分たちの本来の立ち位置は分からないとホーナーは語る。その一方で、ホンダの進歩には満足しているようだ。

「まだF1は始まっていない。そして我々は、あらゆる面で進歩を遂げられたことを期待し、そして楽観的に考えている。しかし我々に分からないのは、マラネロ(フェラーリの本拠地)やブリックスワース(メルセデスの本拠地)で何がおきているのかということだ」

「ホンダは、初期の厳しい成長期を過ごした後、開発の波に乗ることができたようだ。それは彼らにとって実りのあることだ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Oleg Karpov)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します