現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ヨーロッパ・ラリー初のロシア人王者、史上4人目の連覇に向け、シトロエンへマシンスイッチ

ここから本文です
スポーツ 2019.3.8

ヨーロッパ・ラリー初のロシア人王者、史上4人目の連覇に向け、シトロエンへマシンスイッチ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年にロシア人として初めてERCヨーロッパ・ラリー選手権を制したアレクセイ・ルキヤナクが、2019年シーズンに向けフランスのセインテロック・レーシングに移籍することを発表。タイトル防衛に向け、新たにシトロエンC3 R5をドライブすることとなった。

 ロシアン・パフォーマンス・モータースポーツのフォード・フィエスタR5で念願のERCチャンピオンを獲得したサンクトペテルブルグ在住のルキヤナクは、シリーズの歴史上4人目となる連覇達成に向け体制を一新。昨年末にもテストに参加したフランスの強豪に加入し、同チームが昨季よりテスト投入してきたC3 R5のステアリングを握ることが決まった。

    ERC:ロシア人初のチャンピオンがシトロエン、シュコダのR5を立て続けにテスト

 その派手なマシンアクションとスピード命のスタイルから「この世代では最もスペクタクルなドライバー」と評され“ロシアン・ロケット”の異名もとるルキヤナクは「新しいマシン、新しいチームへのスイッチは、僕にとって大きな挑戦になる」と、新シーズンへの意気込みを語った。

「2019年は誰にとってもタフになるだろうが、メンバー全員が目標に向けハードワークを続けている。これだけの変化があれば未知の部分も増えるが、僕たちにはラリーに関する豊富な経験と良いチーム体制がある」と、自信を見せたルキヤナク。

 これまでは圧倒的なスピードを披露しながらも、その勢いと集中力がラリー最終日の最終ステージまで続かず、アクシデントによるリタイアが常だったドライバーは、2017年には大クラッシュによるシリーズ欠場も経験。しかし2018年はその汚名を返上し、スピードを保ったまま平常心を維持する高い安定性を見せ、見事にタイトル獲得につなげてみせた。

「僕たちの競技は感情やチームのマインドに大きく結果が左右される。もちろん僕は勝利を渇望しているけれど、つねにスコアを意識して一貫性を保つことに焦点を合わせる必要もある。昨季はいい仕事をしたけれど、それでも予想外のことがいくつか起きていた。今季もスピードと安定性を組み合わせることに集中したいね」

 2013年から3シーズンにわたってクレイグ・ブリーンをERCランキングトップ3に導いたセインテロック・レーシングのラリーマネージャー、ヴィンセント・ドゥシェは「スピードのあるチャンピオンをチームに迎え入れることができて光栄だ」と喜びを語った。

「我々としても勝利の方程式を取り戻したいと考えていて、その気持ちを数ヶ月前からルーカス(ルキヤナクの愛称)という最高のドライバーのひとりと共有してきた。我々はこの契約によってルーカスとC3 R5という"ふたつのロケット"を手に入れた。やるべきことはたくさんあるが、刺激的な挑戦になりそうだ」
 一方、ERCジュニアで2冠を獲得し、昨季はドイツ国内選手権チャンピオンにも輝いたマリアン・グリーベルは、古巣となるバウムシュラッガー・ラリー&レーシング(BRR)に再加入し、国際シリーズの舞台に復帰して新型フォルクスワーゲン・ポロGTI R5をドライブすることをアナウンスした。

 現在29歳のグリーベルは、2016年にADACオペル・ジュニアチームのアダムR2でERCジュニアU27のタイトルを獲得。その翌年にはBRRに移籍してシュコダ・ファビアR5のステアリングを握ってERCジュニアU28王者となり、期待のドイツ人ホープとして頭角を現した。

 2018年はドイツ国内選手権に挑戦して王座を獲得すると同時に、ERCジュニアU28タイトルのプライズを活用してWRC世界ラリー選手権のドイツ・ラウンドにスポット参戦。旧規格WRカーのシトロエンDS3 WRCで総合8位に入り、自身初の世界選手権ポイントを手にしている。

「2018年の世界的な舞台での成功を経て、こうして2019年も再び国際的シリーズにチャレンジできることがうれしいよ。僕のパートナーとともにBRRに戻って強力なパッケージを構築できたことも誇りに思っている」とグリーベル。

 元WRCドライバーのライムンド・バウムシュラッガーが主宰するBRRは、フォルクスワーゲン・モータースポーツとの太いパイプを有しており、今季からデリバリーが開始されるフォルクスワーゲン・ポロGTI R5の最初のカスタマーとしてハノーヴァー製の1号車が納入されている。

 この新型マシンのステアリングを握るグリーベルは、自身のラリードライビングの師匠であり、2001年にはドイツ人として初のヨーロッパチャンピオンに輝いているアルミン・クレマー以来のタイトル獲得を目指す。

「ERCのコンペティションレベルは世界的に見ても過酷なもので、タフな争いになることはわかっている。それでも僕は2年前にジュニアU28のタイトルを獲得しているし、もちろん今年もビッグタイトルを狙って戦いたい。簡単じゃないとは思うけど、僕らには最高の道具と環境がそろっているし、そのチャンスを最大限に活用しないとね」

 ERCの2019年シーズン開幕戦となる第54回アゾレス・ラリーは、3月21~23日に開催される。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します