現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】「“サプライズ”は僕だ!」将来の掛かったシーズンが始まるペトルッチ、戦闘力に自信アリ 

ここから本文です
スポーツ 2019.3.7

【MotoGP】「“サプライズ”は僕だ!」将来の掛かったシーズンが始まるペトルッチ、戦闘力に自信アリ 

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今季からドゥカティのファクトリーチームへ加入したダニーロ・ペトルッチは、開幕戦カタールGPで彼自身が“サプライズ”となることを期待しているようだ。

 3月8日には開幕戦カタールGPが開催される。今シーズンからドゥカティのファクトリーチームへ加入したペトルッチは開幕に先駆けて行われたカタールテストで、完全なレースシミュレーションを行ったライダーでもある。

    ■ヤマハの体制変更は大当たり? “ロッシは開幕戦をトップグループで走れる”

 チームメイトのアンドレア・ドヴィツィオーゾはカタールテストを“妙なテスト”と話しており、テスト後にはドゥカティの開幕戦優勝の見込みについては慎重さを見せていた。一方、ペトルッチはかなり楽観的な評価を下している。

 ペトルッチは22周(※実際のレース周回数と同じ)のレースシミュレーションを行っていることで、何が起こるか分かっているため、決勝レースでライバルより優位に立てると期待している、と語っている。

「全てのプレシーズンテストでトップグループに付けていた」

「常に最速だったわけじゃない……だけどテストでは2回トップタイムを記録しているんだ」

「それが僕の目標だった。トラックの内外で様々なコトに取り組んできた。ドヴィツィオーゾは僕を手助けしてくれていたし、今こそレースについて考える時なんだ」

「マーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)とアレックス・リンス(スズキ)はとても速い。それとマルク・マルケス(ホンダ)とバレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)もね」

「だけど、僕は皆の“サプライズ”がダニーロ・ペトルッチになると期待しているんだ」

「僕は完全なレースシミュレーションを行った唯一のライダーだ。それで、僕はいくつかの“手札”を見つけることができた。レースでは表彰台を争えるに違いないよ」

 ペトルッチがドゥカティと結んでいる契約は単年契約であり、彼は2020年以降の契約を延長するためにプラマック・ドゥカティのジャック・ミラーとフランチェスコ・バニャイヤらとの競争に晒されている。

「僕はカタールテスト最終日はユーズドタイヤを履いてリードしていた。だけど来年もこのチームにいたければ、僕はトップグループを走る必要があるんだ」

 そうペトルッチは付け加えている。

「だが、今年のライバル……ヤマハやホンダ、スズキはとても強いから僕はもっと強くなる必要がある」

「少なくとも10人のライダーが表彰台を争うと思っている」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Jamie Klein)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します