現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > グランツーリスモSPORT、九州の国際サーキット「オートポリス」を追加収録

ここから本文です
スポーツ 2019.3.6

グランツーリスモSPORT、九州の国際サーキット「オートポリス」を追加収録

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

九州の国際サーキット「オートポリス」は、PS4用ソフトウェア「グランツーリスモSPORT」の3月5日付のアップデート配信で同サーキットが追加収録されたと発表した。

大分県の熊本県寄り、九州のほぼ中央に位置するオートポリスは、丘陵・山岳地ならではの起伏も活かした雄大なコースレイアウトが特徴。SUPER GTやスーパーフォーミュラといったトップカテゴリーの開催コースとしても知られ、日本の主要サーキットのひとつとしての地位を占めている。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

オートポリスは国内では4つ目のリアルサーキット収録とされる。今回はオートポリスの“フルコース”である4674mの「インターナショナルレーシングコース」と、通称“第2ヘアピン”のところでフルコースとは逆の右に曲がってホームストレートに出る「ショートカットコース」、ふたつのレイアウトが収録されたという。

草創期には若き日のミハエル・シューマッハが当時のSWC(スポーツカー世界選手権)開催時にメルセデスのグループCカーで出走、優勝したこともあるオートポリス。1周をしっかりまとめるのが難しいコースといわれるだけに、グランツーリスモの世界でも攻め甲斐のある新たなチャレンジターゲットとなるだろう。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 遠藤俊幸)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します