現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ナカジマレーシングがSUPER GT参戦マシンを発表! ブラック基調のNEWカラーで今シーズンを戦う

ここから本文です
スポーツ 2019.3.5

ナカジマレーシングがSUPER GT参戦マシンを発表! ブラック基調のNEWカラーで今シーズンを戦う

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モデューロをメインスポンサーとし、ドライバーも一新

 2019年3月2日(土)から3日(日)に開催となった「モースポフェス2019 SUZUKA」で、2019シーズンのSUPER GTシリーズ・GT500クラスにホンダNSXで参戦する元F1ドライバー中嶋悟監督率いる「NAKAJIMA Racing」が新しいマシンのカラーリングをお披露目した。

    空気抵抗が増えるのになぜ? スポーツカーのボンネットに穴が空いているワケ

 すでにモースポフェス前日の2月28日(金)にマシンのイメージは発表されたが、実際にそのカラーリングを身にまとった姿が初めてお披露目されたわけだ。2019年シーズンからは、ホンダアクセスが展開するスポーツブランド「Modulo」がメインスポンサーとなったことで、チーム名も「Modulo NAKAJIMA Racing」に変更。これまでのナカジマ・レーシングの白をベースとしたマシンのイメージから一新し、ブラックを基調にしてレッドとホワイトが入るカラーリングになった。

 車両名は「#64 Modulo Epson NSX-GT」。ナカジマ・レーシングは、2019年シーズンのドライバーを一新し、ヨーロッパF3選手権、そしてFIA F2選手権で戦ってきた若手の牧野任祐選手と、インド人ドライバーのナレイン・カーティケヤン選手のペアで戦うこととなる。

 なお、「ダイナミック」というカラーリングテーマ同一とし、チームは異なるものの、GT300クラスに道上龍氏がチーム代表兼ドライバーとして参戦する「Modulo Drago CORSE」の車両「#34 Modulo KENWOOD NSX GT3」と、ドライバーのレーシングスーツやチームウエアといったものも、共通のデザインイメージとなる。34号車の新しいカラーリングは3月16日(土)、17日(日)に岡山国際サーキットで開催されるSUPER GT合同テストでお披露目される。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Messe Web 『Auto Messe Web編集部』)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します