現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ヤマハ『YZF-R25』がマイナーチェンジし国内登場。外観はMotoGPマシンをイメージした新デザインに

ここから本文です
スポーツ 2019.3.5

ヤマハ『YZF-R25』がマイナーチェンジし国内登場。外観はMotoGPマシンをイメージした新デザインに

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 3月5日、ヤマハは250ccクラスの人気ロードスポーツ車種『ヤマハYZF-R25』およびABS搭載モデルとなる『YZF-R25/ABS』をマイナーチェンジし、3月28日より発売すると発表した。

 2014年に登場したヤマハYZF-R25/YZF-R25 ABSは、ロードレースの頂点に君臨するMotoGPマシンを彷彿とさせるスポーティかつスタイリッシュなデザインを持つロードスポーツ。その特徴は高い走行性能と日常での使いやすさを調和させた“毎日乗れるスーパーバイク”を具現化させている点だ。

    ヤマハ新型YZF-R25、YZF-R3がまもなく国内発売か。ウェブでティザー画像を公開

 このコンセプトは市場における20代を中心とした若年層に受け初登場以来、多くの支持を集めている。

 そんなヤマハYZF-R25/YZF-R25 ABSのマイナーチェンジモデルとなる2019年型では、MotoGPマシンの『ヤマハYZR-M1』をシンボルとする新デザインを採用。また倒立式サスペンションの採用など走行性能にさらなる磨きがかけられたという。

 YZR-M1のアイデンティティであるセンターダクトが加わるなど、一新されたデザインは歴代Rシリーズが持つ二眼ヘッドランプをそのままにライトをLEDに変更。ローアングルから睨みを利かせるようなフロントフェイスはサーキットでの緊張感や走りへの闘志を表現したものだ。

 また、新しくなったフロントカウルは“クロスレイヤード・ウイング”と呼ばれる立体的な構造となり、これによって空気抵抗の低減と効率的なクーリングを実現した。

 ライディングに寄与する部分ではハンドル位置が22mm下げられると同時に、タンクとタンクカバーも従来のトップ位置から20mm下げることで乗りやすさとサーキット走行時の扱いやすさが向上。さらに、旋回やブレーキング時の良好な接地感に寄与する37mm径インナーチューブ倒立式フロントサスペンションの採用、視認性の高いフル液晶メーター、ハザードランプが備わるなど多数の改良が施されている。

 マイナーチェンジを受け、さらなる進化を遂げたヤマハYZF-R25/YZF-R25 ABS。3月28日より発売開始となる2019年モデルはディープパープリッシュブルーメタリックC、マットブラック2、マットディープレッドメタリック3の全3色展開、価格はYZF-R25が59万9400円(税込)、YZF-R25 ABSは64万2600円となっている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • oku*****|2019/03/05 17:45

    違反報告

    液晶メーターはやめてほしい。しかも単色だから電卓にしか見えない。
    何十万も払う製品に単色液晶メーターは興ざめ。
    オプションでもいいからちゃんとしたアナログメーターを用意してほしい。
  • cmg*****|2019/03/05 19:19

    違反報告

    どう見ても旧型の方がカッコイイ!

    R1もR6も目(ヘッドライト)が無いように見えるから成立しているデザイン。
    これだけハッキリと目があるとただの額の広いでっかい顔にしか見えない。

    横から見ると前のとんがった感じも無くなり、ボテっとして見える。

    これはナイわ…

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します