現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ホンダF1”初走行”前夜、ほとんど眠れなかった……フェルスタッペン、新たなスタートに「こんなに興奮したことない」

ここから本文です
スポーツ 2019.3.5

ホンダF1”初走行”前夜、ほとんど眠れなかった……フェルスタッペン、新たなスタートに「こんなに興奮したことない」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マックス・フェルスタッペンが所属するレッドブルは、昨年限りでルノーとの契約を終了。今季からホンダのパワーユニットを搭載することになった。

 そのフェルスタッペンが独占インタビューに応じ、シルバーストンで新車RB15のシェイクダウンを行う前夜、興奮を抑えられず、ほとんど眠ることができなかったと語った。

    ■ホンダPUのパッケージは積極的すぎた? 開幕戦に向け一部修正へ

「シルバーストンで行われたフィルミングデーでマシンを初めて走らせるのを、とても興奮していたんだ」

 そうフェルスタッペンは語った。

「ただコースに出て、エンジンがどのように動くのかを感じたかったんだ」

「前の晩、僕はほとんど眠れなかった。長いこと、こんなに興奮したことはなかったよ……」

 レッドブルのモータースポーツ・アドバイザーであるヘルムート・マルコは、フェルスタッペンのテストへのアプローチを”成熟した”と称賛。そしてレッドブルとして史上最高のテストプログラムに貢献したと語った。

 フェルスタッペン自身もテスト中ずっとポジティブな態度で挑んだ。その彼は次のように続ける。

「僕はさらに興奮している」

「これはホンダとの新たなプロジェクトだ。だから、全てを理解しようとすることは、とても重要なんだ」

「テストは、シーズン開幕に向けて最善の形で準備を整えるために存在する。シーズンが始まってしまえば、たくさんのことを調整するための時間はあまりないんだ」

 ホンダのエンジニアたちとレッドブルの共同作業は、問題なく進んできた。そしてホンダの”信じられないほど集中し、落ち着いた”作業について、とても感銘を受けていると語る。

「とてもフレッシュなスタートになる。誰もが、共に働くこと、そして素晴らしい結果を挙げることを楽しみにしている」

 フェルスタッペンはそう語った。

「チームの中には、ポジティブな雰囲気が満ちている。そして多分、新しいモチベーションがあるというだけで、うまくことを勧めていくのには十分なんだろう」

「僕は、チームのみんながシーズン開幕を待ち望んでいると思う。今年だけでなく、来年もね」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Scott Mitchell)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します