現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > MotoGP、新たな罰則“ロングラップペナルティ”の導入が正式決定。開幕戦カタールGPから適応

ここから本文です
スポーツ 2019.3.5

MotoGP、新たな罰則“ロングラップペナルティ”の導入が正式決定。開幕戦カタールGPから適応

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 既に当サイトが報じていた、MotoGPの新たな罰則、“ロングラップペナルティ”が導入されることが正式に決定された。このペナルティはカタールで行われたプレシーズンテストでライダーたちからポジティブなフィードバックを受けて決定されている。

 ロングラップペナルティは“1ポジションダウン”のようなペナルティのあり方に比べて、一貫したタイムの損失となることを意図したものだ。ただし、ポジションダウンペナルティも今後もスチュワードによって適応可能だ。

    ■ ホンダのマシンはもう慣れた? ロレンソ、乗り換えは“ドゥカティの時より”順調

 この罰則はコース上に特設されたエリアを通過するもので、ライダーは数秒を失うと考えられている。同エリアは、カタールテストではそのエリアがターン6のヘアピンに設けられていた(上部写真)。そして、新たな罰則がどのように運用されるかが明かされた。

 まず“ロングラップペナルティ”を科されたライダーは、3周のうちに設定されたエリアを通過する必要がある。ただ、レッドフラッグが掲出されているなど、ライダーが罰則を実行できない場合、スチュワードはタイム加算のペナルティを科すことが可能となる。

 この罰則は主に、“ショートカットなどのトラック外走行”を対象としているが、“スチュワードが適切と判断した状況”でも科すことが可能とされている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Jamie Klein)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • kaw*****|2019/03/05 22:50

    違反報告

    ルールを・・・という場合は「適応」ではなく、「適用」。
    英語の場合、適応はadjust、適用はapply
    誰が訳して書いた記事なのか知らないが、日本語も正しく使い分けてもらいたい。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します