現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > アロンソ「マクラーレンの2019年型MCL34には驚くほど優れた部分がある」

ここから本文です
スポーツ 2019.3.5

アロンソ「マクラーレンの2019年型MCL34には驚くほど優れた部分がある」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マクラーレン・レーシングのアンバサダーに就任したフェルナンド・アロンソが、2019年型マシンMCL34には非常に優れたところがあり、チームの方向性は正しいと、テスト8日間を終えた感想をポジティブに語った。

 2019年にはF1に参戦しないという決断をしたアロンソだが、マクラーレンとの契約は異なる形で継続、レースドライバーからアンバサダーへとポジションを変えた。アロンソは、第2回テストの初日にはスペイン・バルセロナを訪れ、チームの作業を間近でチェックした。

    マクラーレン、アロンソのF1テスト起用を発表。「チームを復活に導く重要な存在」としてアンバサダー契約結ぶ

 プレシーズンテストでマクラーレンはしばしばトラブルに見舞われながらも、ランド・ノリスは第2回テスト1日目、カルロス・サインツJr.は2日目にその日のトップタイムをマークするなど、昨年からの向上を感じさせる要素もあった。

 アロンソは、チームは正しい方向に向かっていると考えている。

「僕らは多くのことを学んでいるところだ」とアロンソは語った。

「第1回テストの際にも、僕はチームと連絡をとり、テストの結果や発見した問題について把握してきた」

「第2回テストの週で、チームはマシンの状況を確認し、パフォーマンス向上のために開発し続けるべきエリア、修正が必要なエリアについて理解した」

「驚くほど優れている部分もあるので、チームはテストの結果に満足している。全体的にとてもポジティブな2週間だったと僕も思う。まだ完璧とはいえないが、方向性は正しい」

 マクラーレンの発表では、アロンソのアンバサダー契約には、ドライバーやエンジニアのアドバイザーとしての役割とともに、2019年型MCL34と2020年型MCL35の開発のため、何回かテストで走行を行うことが含まれている。チームはまだ、アロンソのテスト参加の具体的なスケジュールは明らかにしていない。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します