現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > Rモータースポーツがアストンマーティン・バンテージDTMを初公開。シェイクダウンをこなす

ここから本文です
スポーツ 2019.3.5

Rモータースポーツがアストンマーティン・バンテージDTMを初公開。シェイクダウンをこなす

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 DTMドイツ・ツーリングカー選手権に2019年から参戦するRモータースポーツは、3月4日(月)にスペインのヘレスで、アストンマーティン・バンテージDTMを初公開した。合同テストに先駆け、バンテージDTMはポール・ディ・レスタのドライビングで6周をこなした。

 2019年からDTMに参戦するRモータースポーツのアストンマーティンが、参戦発表から短期間での開発期間を経て、ついにバンテージDTMのシェイクダウンにこぎつけることになった。3月5日にスタートするDTM合同テストを前に、ディ・レスタの手によりコースインしたマシンは、当初の予定どおりの6周を周回。無事にシェイクダウンを終えた。

    【動画】2019年のDTMを走るアストンマーティンをチラ見せ。2リッター直4ターボエンジンも

「最初からクルマの調子は良かったよ」とディ・レスタ。

「チームはこの美しく優れたマシンを、短期間でコースに送り出す素晴らしい仕事をしてくれた。シェイクダウンのときはすべてが完璧に機能していて、クルマの中でいい気分になったよ。テスト初日が楽しみだね」

 アッフェルターバッハのAFレーシングAG、HWA AGの合弁会社の手によって開発されたアストンマーティン・バンテージDTMは、他にもGTE車両やGT3車両が存在するバンテージのシルエットを、DTMとスーパーGT GT500クラスで採用されるクラス1規定に適合。車体下部のデザインライン下は他2社と共通ながら、市販のバンテージと比較して車長や幅、全高などが調整されているという。

「テクニカルチームは素晴らしい仕事をしてくれた。アストンマーティン・バンテージDTMが100日以内に作り上げられたことは、DTMの記録になるだろう」というのは、Rモータースポーツのチーム・プリンシパルであるフロリアン・カメルガー。

「このマシンはビジュアルでも目を引く、特に美しいDTMマシンだろう。ポールの最初のフィーリングも良かった。でもホッケンハイムでの開幕戦までにまだまだ仕事は多いよ。今回はマシンのベースが正しいことを理解し始めたところだ」

 このままDTM合同テストに参加するバンテージDTMは、1~2日目をディ・レスタがドライブし、3日目はジェイク・デニスが、最終日にはフェルディナンド・ハプスブルクがテストを担当する。スーパーGT GT500クラスにも参戦可能なマシンであり、今後の開発が気になるところだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します