現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【スーパーフォーミュラ 鈴鹿テスト】初日トップは名門ナカジマの新人アレックス・パロウ、唯一の1分35秒台をマーク

ここから本文です
スポーツ 2019.3.4

【スーパーフォーミュラ 鈴鹿テスト】初日トップは名門ナカジマの新人アレックス・パロウ、唯一の1分35秒台をマーク

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全日本スーパーフォーミュラ選手権(SF)の今季第1回公式テストが4日、鈴鹿サーキットで始まった。初日の一番時計は新人のアレックス・パロウがマーク、タイムは唯一の1分35秒台となる1分35秒904だった。

前日まで2日間の日程で開催されていた「モースポフェス 2019 SUZUKA」のなかでもSFのフリー走行等が複数回実施されていたが、公式合同テストとしてはこの日が今季初日。参戦各チームが新車「ダラーラSF19」を走らせての本格的なシーズンインはここから、ということになる。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

やはり2日間の日程で行なわれる今回のテスト、初日の朝は路面が完全なウエット状態で、空模様は明るめながらも時々ポツポツと雨滴が感じられる状況。当初は2日間とも2時間の走行セッションを2回という予定だったが、天候好転が見込まれる2日目に走行時間を多めにまわす措置が取られ、初日は1回目のセッションが10時15分~11時30分に短縮されることとなった。

(1回目のセッション後にスタート練習。2回目のセッションは当初予定のまま15時~17時。オーバーテイクシステム=OTSの使用は両セッションとも最大40秒で、再使用までの制限タイムは5秒とされた)

本格的な雨がセッション中に長く降り続くことはなく、明るくなったり曇ったり雨が降ったりと複雑な天候推移が続いた初日だが、それでも2回目のセッション後半には路面が完全ドライといえるところまで回復した。そのなかで1回目と2回目の総合トップタイムをマークしたのは、今季新人のひとりである#64 A.パロウ(TCS NAKAJIMA RACING/エンジンはホンダ)。コンディション不定のテスト初日とはいえ、#64 パロウは唯一の1分35秒台となる1分35秒904を記録し、2番手以降を0.319秒離した。

スペイン出身、4月で22歳になるパロウは2017年の全日本F3選手権でシリーズ3位になった実績をもつ新進気鋭。同年末のSF鈴鹿テストでも好パフォーマンスを見せたが、翌18年の参戦は叶わず。しかし昨年12月のテストで再度の好走を見せ、今季のレギュラーシート獲得につなげている。

#64 アレックス・パロウのコメント

「昨日(モースポフェス2日目のフリー走行)はマシンに問題が出てしまい、僕は走れなかった。ただ、そのぶん今日は充分にラップを重ねられるだけのソフトタイヤがあったからね。それも活かして、ミディアムタイヤからセットアップをうまくアジャストしていけたと思う」

「順位とタイム差に満足してはいる。でも、これはテストだからね。そこもよく理解しているよ。それに明日はみんながもっと速くなるだろうし、自分たちもさらにインプルーブしなければならない。その余地はまだまだあるとも思っている」

「(以前のテストで乗った先代車の)SF14とSF19を比べると、ものすごく大きな変化というものはないと思うけど、いろいろな面で少しずつ良くなっている印象だね」

なにかを論じるのは早計だが、パロウはこれまでに参加したSFテストではこの日を含めて毎度、どんな状況でもほぼ定常的に上位に顔を出している点が高く評価できる。F3時代に日本のコースを学習しているのも強みであり、今季の活躍がとても楽しみな新人といっていいだろう。

彼が今シーズン所属するのは、日本人初代F1フルタイム選手だった中嶋悟さんが率いる名門チーム。近年は不本意な成績に甘んじているが、体制整備も進むなか、そこにパロウがもたらす勢いも活かして復権を遂げられるか、注目したいところだ。

1回目と2回目の総合ベストタイム順位で2~6番手はトヨタ勢が占めた。順位とタイムは以下の通り。

2位 #3 山下健太(KONDO RACING/トヨタ)1分36秒223

3位 #37 N.キャシディ(VANTELIN TEAM TOM'S/トヨタ)1分36秒436

4位 #36 中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM'S/トヨタ)1分36秒712

5位 #19 関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL/トヨタ)1分36秒730

6位 #4 国本雄資(KONDO RACING/トヨタ)1分36秒772

ホンダ勢では、全体トップの#64 パロウの僚友でやはり新人の#65 牧野任祐(TCS NAKAJIMA RACING/ホンダ)が次位にあたり、1分36秒909で全体7番手。ここまでの7人が1分37秒を切っている。なお、この日は全20台が2回目のセッションにベストタイムをマークした。

テストは明日(5日)まで。2日目は9時~11時15分と14時45分~17時15分、合計4時間45分の走行セッションがスケジュールされており、初日同様に今季参戦の全11チーム20台(2チームが1カーエントリー)、いずれもレギュラードライバーがステアリングを握っての走行が予定されている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 遠藤俊幸)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します