現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 世界ラリークロス:エクストローム率いるEKS、2019年は26歳の若手にアウディS1を託す

ここから本文です
スポーツ 2019.3.4

世界ラリークロス:エクストローム率いるEKS、2019年は26歳の若手にアウディS1を託す

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 昨年のWorldRX世界ラリークロス選手権でチームランキング2位を獲得したEKSスポーツは2019年シーズン、ハンガリー出身のクリスチャン・スザボを起用してシリーズを戦うことを発表した。

 EKSスポーツは、DTMドイツ・ツーリングカー選手権で2度のチャンピオンに輝き、2016年のWorldRXチャンピオンでもあるマティアス・エクストロームが率いる強豪。昨年まではアウディのワークス支援を受けてシリーズを戦ってきた。

    世界ラリークロス:元WRCドライバー、ジジ・ガリ率いるGGRXが2019年参戦に向け始動

 しかし、アウディは2018年限りでシリーズへの関与を終了。チームのエースだったエクストロームも2018年限りでフルタイムドライバーからの引退を表明するなど、チームは体制を大きく変えて2019年シーズンに挑む。

 そんなチームのアウディS1 EKS RXをドライブするスザボは、ハンガリー出身、1992年生まれの26歳。2016年と2017年にはFIAヨーロピアン・ラリークロス選手権でシリーズチャンピオンも獲得している。EKSスポーツとはユーロRX参戦時代から関係がある。

 2019年シーズンのWorldRXはアウディのほか、他チームをサポートしていたプジョー、フォルクスワーゲンもシリーズへの関与を終了。大きく勢力図が変わるとみられており、スザボは2019年シーズン参戦は「またとない機会だ」とコメントしている。

「レーシングドライバーとしてのキャリアをスタートさせたときから、いつか世界選手権に参戦することが夢だった。(チームを率いる)マティアス・エクストロームは2019年、シリーズにフル参戦しない意向で、チームマネジメントにより時間を咲いていくことになるだろう」

「2019年の世界ラリークロス選手権は、より“バランスの取れた”戦いになるはずだ。僕を含め、全員に優勝のチャンスがある。そのなかで僕はチャンピオン獲得経験のあるチームとマシンという恵まれた環境でシリーズに臨めことになるし、マティアスからのサポートを得られるんだ」

 2019年は指揮官としての職務に専念するエクストロームは「昨年、クリス(クリスチャン・スザボ)が残した成績は素晴らしく、今年も彼と一緒に仕事をしたい、彼に明るい未来を見せてやりたい」とスザボ起用の理由を明かしている。

「2019年、世界ラリークロス選手権の勢力図は大きく変わる。だから、クリスにも大きなチャンスがあると思っているし、多くの勝利を掴んでくれるはずだ」

「だから、彼にヨーロピアン選手権ではなく世界選手権への参戦をオファーしたんだ。私もチームリーダーとして彼をアシストしていく。2018年まで現役だったから、私の記憶も役に立つだろう」

「クリスチャンがどんなポテンシャルを秘めているか、周りは理解していない。だから、彼の走りは衝撃を与えるんじゃないかな」

 2019年のWorldRXは4月5~6日にシリーズ初開催となるアブダビのヤス・マリーナ・サーキットで開幕を迎える。アブダビのトラックは全長1.2km、路面はアスファルトが63%、グラベル(未舗装路)が47%の構成だ。


  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します