現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ハミルトン、ピレリの2019年仕様F1タイヤに困惑。「硬すぎるし、呼び名が混乱を招く」

ここから本文です
スポーツ 2019.3.4

ハミルトン、ピレリの2019年仕様F1タイヤに困惑。「硬すぎるし、呼び名が混乱を招く」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ルイス・ハミルトンは、ピレリの2019年仕様のF1タイヤについては「良い部分は多くない」との感想を抱いており、コンパウンドが硬すぎるうえに、呼び名によって混乱を招くと評価している。

 ブリスターやオーバーヒートを防ぐため、ピレリはすべてのタイヤに対して、昨シーズンの数戦に使用された薄めのトレッドを採用した。

    グランプリのうわさ話:ピレリテストの若手起用禁止で、一部チームの財政に大打撃

 しかしながらハミルトンの第一印象はラバーが硬すぎるというものであり、愛犬ロスコーがピレリタイヤに噛み付こうとするも、硬すぎて噛み付けないという皮肉めいた内容の動画をSNS上に掲載している。

「彼(ロスコー)が僕と同意見だというのは、そういうことだ。硬すぎる」と現F1チャンピオンのハミルトンは主張する。

「何が聞きたいんだ? タイヤに良いところがあるかどうか? あまり多くあるとは言い難い。つまり、何も言わないのがベストだろう。シーズン開幕に向けて、これは課題になる。昨シーズンのものよりも、さらに難しい」

「それからタイヤにはそれぞれ違った名前がついている。C5、C4、C3、C2、C1というようにね。色がついていたころよりも、僕としてははさらに混乱しているんだ」
 F1に独占的にタイヤを供給するピレリは、ハードやソフトといったコンパウンドの名前を、C1からC5にするといった変更を行なっている。

「慣れれば、それが普通になる」とハミルトンは付け加え、以下のように続けた。

「バルテリ(・ボッタス)はこのタイヤでのドライビングを楽しんだようだ。タイヤがどんなものかといったフィーリングについては、後から良くなってくるだろう」

「僕のほうが燃料を多く積んでいたから、感触はまったく良くなかった。一般的に、燃料を多く積んでいれば、どの年でもそれは同じだ」

「けれども条件は誰にとっても同じだし、できるだけ理解するよう努力するよ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します