現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > モースポフェス2019、5万人を集め大盛況のうちに閉幕。フィナーレにはファンを沸かせた2輪&4輪マシンが勢ぞろい

ここから本文です
スポーツ 2019.3.3

モースポフェス2019、5万人を集め大盛況のうちに閉幕。フィナーレにはファンを沸かせた2輪&4輪マシンが勢ぞろい

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 3月2日(土)、3日(日)に行われたホンダ、トヨタ、モビリティランドの3社による共催『モースポフェス2019 SUZUKA モータースポーツファン感謝デー』。第1回目の開催となった今年は、5万人のファンが詰めかけた。

 晴天のなか、スーパーGTや鈴鹿10時間耐久レースに出場するマシンによるフリー走行で幕を開けたモースポフェス2019。注目コンテンツである本山哲、脇阪寿一、道上龍による『新・永遠のライバル対決』や、ル・マン24時間レースを制した2輪と4輪のマシンの共演、さらには今年から導入されるスーパーフォーミュラの新マシン『SF19』のシェイクダウンなど、目を離せないコンテンツが次々と行われた。

    初日からメーカーの垣根を超えたサプライズ満載【モースポフェス2019トピックス前編】

 また佐藤琢磨がインディ500を制したマシンで鈴鹿を初走行したり、『鈴鹿8時間耐久ロードレース』のデモレースでは、本番同様のル・マン式スタートを採用するなど、2輪、4輪と初日から盛りだくさんの内容となった。

 なかでも大きな話題を呼んだのは、『モースポフェス2019 SUZUKA セレモニー』において、トヨタの豊田章男社長がヤリスWRCに、ホンダの八郷隆弘社長がホンダCBR1000に乗って登場したことだ。まさにトヨタとホンダの共催を象徴するようなシーンだった。

 またモースポフェス2019では、サプライズが相次いだ。SUBARU STIのイベントでは新井敏弘が555カラーのスバル・インプレッサWRC98でデモ走行を行ったが、ここでWRC世界ラリー選手権に出場するTOYOTA GAZOO Racingのチーム代表を務めるトミ・マキネンによる共演が実現した。その他にも、初日の最終イベント『8耐×10H トワイライトマッチ』の終了間際には、ル・マンを制したホンダCBR1000とトヨタのTS050による夜間の併走も行われた。

 イベント2日目はお昼過ぎから雨が降り始め、気温も低くあいにくの天候となってしまった。しかしその盛況ぶりは初日と変わらず、様々なコンテンツで観客を沸かせることとなった。

 この日はスーパーフォーミュラのフリー走行が最初のコンテンツとなり、続く SUBARU STIのイベントではまたも新井とマキネンによるデモ走行が行われた。毎年恒例のスーパーフォーミュラのオープニングラップは雨でレース周回数が減ってしまったが、それでも全20台が揃ったSF19の走行は見ごたえのあるものだった。

 イベント最後にはフィナーレパレードが行われ、モースポフェス2019を盛り上げた2輪、4輪のマシンが最後のデモランを行った。走行後はメインストレート上にマシンが並び、ドライバーとライダーがグランドスタンド前のステージに勢ぞろいし、モースポフェス2019は幕を閉じた。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します