現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 初日からメーカーの垣根を超えたサプライズ満載【モースポフェス2019トピックス前編】

ここから本文です
スポーツ 2019.3.2

初日からメーカーの垣根を超えたサプライズ満載【モースポフェス2019トピックス前編】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 3月2日(土)、ホンダ、トヨタ、モビリティランドの3社による共催イベント『モースポフェス2019 SUZUKA~モータースポーツファン感謝デー~』が開催され、初日から鈴鹿サーキットに詰め掛けた大勢のファンを楽しませた。

■本山、脇阪、道上が激走! 新旧『永遠のライバル』が集結
 これまでの『永遠のライバル対決』の主役といえば、星野一義と中嶋悟。星野と中嶋はこれまでの戦いを振り返り、「やっぱり走りたくなっちゃうね」と対決を懐かしんだ。

    グランツーリスモとスーパーフォーミュラが初コラボ。3月28日予定のアップデートで『SF19』登場へ

 その後は今回の『新・永遠のライバル対決』主役である本山晢、脇阪寿一、道上龍が登場し、新たな対決に向けた意気込みを語った。じゃんけんでグリッド順が決め、本山がポールポジションに。2番手に道上、3番手に脇阪が続いた。

 本山のスタートにはフライング疑惑がかけられたが、星野が「日産のお決まり」とまさかの発言。慌ただしく3台のポジションが入れ替わるも、トップでチェッカーを受けたのは本山。道上、脇阪という当初のグリッド順でフィニッシュを迎えた。この戦いは日曜日に続くことになっている。

■スーパーGTマシンが本番さながらのバトルを展開
 朝のフリー走行では走行を行わなかったSUBARU BRZ R&D SPORTも参加し、全12台で争われたこのデモレース。レース前には8分間のウォームアップ走行も行われた。

 レースはローリングスタート方式でスタート。わずか5周ながらも、デモレースとは思えないような本番さながらのバトルが各所で繰り広げられた。

 GT500クラスは、TEAM MUGENがトップでチェッカーを受けるかと思われたが、最後の最後にTEAM KUNIMITSUがトップを奪取しそのままフィニッシュ。GT300クラスは大津弘樹のドライブするModulo Drago CORSEがトップでレースを終えた。

■日本と世界の頂点を戦うクルマ&バイクが一堂に集結
 司会にはおなじみのピエール北川氏、MCには脇阪寿一と伊沢拓也を起用して行われた『モースポフェス2019 SUZUKAセレモニー』。ライダーに中上貴晶とジョシュ・フック、ドライバーに佐藤琢磨、中嶋一貴、山本尚貴、トミ・マキネン、ダニエル・ティクトゥムら10名を迎えてパレードランが行われた。

 ここでひとつサプライズがあった。モースポフェス2019を共催しているトヨタの豊田章夫社長とホンダの八郷隆弘社長が、それぞれヤリスWRCとホンダCBR1000RRに乗ってグランドスタンド前に登場したのだ。

 さらにミニカーを集めているという八郷社長に豊田社長からTS050のミニカーが贈呈され、八郷社長からは自身の名前入りのヘルメットが送られた。

■2輪&4輪のル・マン王者が並走!
 2018年は4輪のル・マン24時間レースをトヨタが、2輪をホンダが制し、日本の2大メーカーが大きなタイトルを獲得した年となった。

 そのル・マンを走ったトヨタのTS050にとって、鈴鹿サーキットを走るのはこれが初めて。一方ホンダのホンダCBR1000RRにとっては凱旋という形になり、大いにファンを沸かせた。

 デモランを担当したトヨタの中嶋一貴は、西日本のサーキットをTS050で走るのは珍しいということで、走行を楽しんだ様子。ただ2018年のル・マンを制したとはいえ、「2019年のル・マンでも優勝しなければならないと思っています」と意気込みを語った。

 ホンダCBR1000RRのデモランを行ったジョシュ・フックは、ル・マンを制したことで自信を持てたという。2019年シーズンに向けても準備は万端だと話した。

■マキネンが飛んだ! 555カラーのスバル・インプレッサWRC98がヤリスWRCと夢の共演
 日本のモータースポーツファンの間でも根強い人気を誇るSUBARU。『WRブルーに宿るチャレンジングスピリット』には辰巳英治監督、新井敏弘、井口卓人の3名が登場した。

 トークショーではラリーやニュルブルクリンク24時間レースの話題が上がり、その後はいよいよデモランへ。辰巳監督がSUBARU WRX STI NBRチャレンジを、新井が555カラーのスバル・インプレッサWRC98を、そして井口がSUBARU BRZ GT300をドライブし、最後が3台並んでメインストレートを通過した。

 そのままピットレーンへと戻った3台だが、新井のみ再度コースへ戻り、スバル・インプレッサWRC98で単独のデモランを行った。するとここで、次のイベントでの登場が予定されていたマキネンがトヨタのヤリスWRCに乗って登場し、メーカーの垣根を超えたデモランが実現した。さらにメインストレートの真ん中にはジャンプ台が登場し、マキネンが競技さながら迫力満点のジャンプを披露した。

 また、マキネンはWRCの日本開催についても言及し、「日本のファンがラリーを好きでいることを良く理解しています。熱いファンのみなさんの気持ちもよくわかっているので、こちらも走る姿を見せたいと思います」と語った。

■SF19が公式テストを前に勢ぞろい。ルーキーのパロウが首位
 2019年シーズンより導入されるSF19が全20台揃い、シェイクダウンテストが行われた。全車が揃うのはこれが初めてのことで、4日から行われる公式テストを前に、一足早く勢ぞろいしたかたちだ。

 大きなトラブルもなく30分間のシェイクダウンテストは終了し、トップタイムをマークしたのはTCS NAKAJIMA RACINGのアレックス・パロウで、タイムは1分38秒400。トヨタ勢のトップは、1分38秒676という2番手タイムをマークした山下健太(KONDO RACING)だった。

 日曜日には、毎年恒例のオープニングラップが行われる。

■佐藤琢磨、インディ500を制したマシンで鈴鹿を初走行
 まずSRSスクールカーに乗って登場した、鈴鹿サーキットレーシングスクールの校長の顔も持つ佐藤琢磨。

 トークショーでは、今回走行するマシンについて、右コーナーも曲がれるようサスペンションを変更していることと、2017年のインディ500で優勝したマシンのエンジンを積み走行することも明かした。

 その後、インディ500のマシンに乗り込み、あの日と同じエンジンサウンドを響かせ走行。最後にドーナツターンを決めファンを沸かせた。

■本番さながらの8耐/10Hのデモレース開催。ル・マン王者が初日を締めくくる
 この日最後のイベント『8耐×10H トワイライトマッチ』でも走行前にトークショーが行われ、谷口信輝、小林崇志、高橋巧、渡辺一馬が参加した。

 その後は8耐参戦バイクによるでもレースが行われ、本番同様にル・マン式のスタートでレースとなった。続いて10Hに参戦するマシンによるデモレースも行われ、レース後には花火が上がった。

 イベントの最後にはジョシュ・フックの乗るホンダCBR1000RRと中嶋一貴がドライブするTS050が並走し、モースポフェス2019の初日を締めくくった

■Honda vs TOYOTA大運動会!!はカートと玉入れで対決
 GPスクエアでも多数イベントが行われ、Honda vs TOYOTA大運動会が開催。まず、ステージでトークショーが行われ、MCが井澤エイミーさんと伊沢拓也の“ダブルイザワ”で、ドライバーはトヨタが中嶋一貴、小林可夢偉、ホンダが小林崇志、ダニエル・ティクトゥムが参加した。

 トークショーでは可夢偉がデイトナ24時間に参戦した経緯を明かした。夜中3時にお酒を飲んでいると、アメリカから国際電話番号がかかり、デイトナに出るか?との質問にイエスと答えたというものだった。

 カート対決はトヨタとホンダの2組に分かれ行われ、ファーストドライバーの小林対決から開始。可夢偉優勢で両チームドライバー交代し、中嶋とティクトゥムの差が縮まるもそのままトヨタ組が勝利した。

 玉入れはファンも交えての2回勝負で、可夢偉が数え上げる場面で玉を足すこともあったようだが、こちらもトヨタが勝利した。カートと玉入れ2回をすべてトヨタが制し大運動会は盛り上がった。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します