現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 新・永遠のライバル対決が開幕。1日目の”真剣勝負”は本山哲が勝利|モースポフェス2019

ここから本文です
スポーツ 2019.3.2

新・永遠のライバル対決が開幕。1日目の”真剣勝負”は本山哲が勝利|モースポフェス2019

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 鈴鹿サーキットで行われているモースポフェス2019で「新・永遠のライバル対決」が行われ、1日目の対決は本山哲が勝利を飾った。

 鈴鹿サーキットモータースポーツファン感謝デーのイベントとして2012年に始まったライバル対決。中嶋悟と星野一義が”真剣”バトルを行うとあって例年注目を集めてきたが、昨年をもって一区切り。今年からはドライバーも世代交代し、2000年代の国内モータースポーツで激しいバトルを繰り広げた本山哲、脇阪寿一、道上龍が登場した。

    ■トヨタ豊田社長&ホンダ八郷社長が鈴鹿サーキットに揃い踏み「日本のモータースポーツを共に盛り上げたい」

 使用するのは、彼らがGT500でチャンピオンを獲得したマシン。本山は2008年型XANAVI NISMO GT-R、脇阪は2002年型ESSO Ultraflo スープラ、道上は2000年型カストロール無限NSXに乗り込んだ。どれもファンには人気のマシンということと、ライバル対決は鈴鹿でのキックオフイベントで恒例だっただけに、グランドスタンドはほぼ満員となるほどの盛況ぶりだった。

 トークステージでは3人とも冗談を言ったり、それに対して突っ込みを入れるなど和やかな雰囲気ではあったが、いざマシンに乗り込むと表情が一変。本番さながらの雰囲気の中でレースがスタートした。

 グリッドはじゃんけんで決定され、本山、道上、脇阪の順でスタート。本山がリードして1コーナーを通過するが、3番手の脇阪がペースを上げ2周目に入るところでトップに浮上。道上も2番手に浮上するなど、迫力あるハイレベルなバトルが展開された。

 一時は3番手に後退した本山だが、3周目にトップを奪い返しそのままチェッカーフラッグ。1日目の対決を制した。

 ただ、3人とも往年のGTマシンでのバトルを楽しんでいたようで、終わった後も満面の笑み。そして3人とも2日目のレースでは絶対に負けないと意気込みを見せていた。

 この対決は2日目も行われ、その総合ポイントで最終的な優勝者が決められる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 吉田知弘)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します