現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ThreeBondRacing、2019年全日本F3はエナム・アーメドと三浦愛の2台体制で参戦

ここから本文です
スポーツ 2019.3.1

ThreeBondRacing、2019年全日本F3はエナム・アーメドと三浦愛の2台体制で参戦

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ThreeBondRacingが2019年の全日本F3選手権参戦体制を発表。エナム・アーメドと三浦愛の2台体制で臨むことを明らかにした。

 昨年はドライバー・チームランキングともに3位となったThreeBondRacing。これまで1台体制で臨むことが多かったが、今年は2台体制に強化。監督は足立守氏で、スーパーバイザーにはスーパーGT(GT300)で活躍する道上龍が務める。エンジンチューナーは引き続き東名エンジンが担当する

    ■B-Max、2019年の活動計画を発表。”全主要カテゴリー”にエントリー

 ドライバーラインアップも一新し、12号車には昨年ヨーロピアンF3でランキング3位に入ったエナム・アーメドが加入する。彼はイギリス出身の19歳で日本でのレースシリーズは初めての参戦。2016年と2017年にはブリティッシュF3でシリーズチャンピオンを獲得しており、今年の全日本F3でも注目集めるドライバーのひとりとなりそうだ。

 2台目となる13号車には、昨年までB-Max Racing Teamからエントリーしていた三浦愛が移籍することになった。彼女は昨年末の合同テストもThreeBondRacingから参加しており、本人も充実したテストができたと自信をみせていた。

 昨年はなかなか上位に食い込むことができなかったが、ThreeBondRacing加入によって初表彰台の可能性もでてきそうだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 吉田知弘)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します