現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 3日目最速のルクレール「他F1チーム同様、全力を出していない」と今後の伸びしろに自信

ここから本文です
スポーツ 2019.3.1

3日目最速のルクレール「他F1チーム同様、全力を出していない」と今後の伸びしろに自信

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 バルセロナで行われている第2回F1プレシーズンテスト3日目、シャルル・ルクレールは午前のセッションで見事な走りを見せたが、フェラーリSF90における走行は、自身の全力からは程遠いと語っている。

 ルクレールは、1分16秒231のベンチマークを打ち立てたが、このタイムは3日目の時点でプレシーズンテストにおけるベストパフォーマンスだ。このタイムは、チームメイトのセバスチャン・ベッテルが今季のテストで記録した最速タイムより1秒近くも速い。

    トロロッソ・ホンダのアルボンが2番手タイムで走行終了。「信頼性の高さに支えられて、テストを成功させることができた」

 それでもルクレールは、フェラーリの2019年型マシンSF90と自分自身に、さらに引き出すことのできるポテンシャルがあると主張している。

「他のチームと同様に、当然僕たちも全力を出していない」と28日の昼食休憩中にルクレールはメディアに語った。

「まだ伸び代があるんだ。僕自身の中にもね。今も学ぶ必要がある。周回を重ねるごとにマシンからの感触が良くなっているし、マシン自体もいい。今のところ良い感じだよ」

 ルクレールはテストが始まってから、フェラーリSF90の全体的な挙動について、具体的な不満を述べていない。

「マシンの感触は快適だ。初日からバランスがとても良いし、今日もそれは変わらない」

「有益な日だよ。特に昨日は走行時間が短くなった後だからね。午前中は順調だったし、トップになれて良かった。でもそれには何の意味もない」

 大きな期待を担う21歳のルクレールだが、フェラーリはメルセデスとレッドブルより優勢な状態で開幕戦オーストラリアに臨むのではないかという見解を否定した。

「またそのことを話すのは難しい。これはテストなんだ」

「今の時点で僕たちは強力に見える。でも他のチームが多かれ少なかれ実力を出し惜しみしていようがいまいが、僕たちには分からない。それは予選にならないと分からないよ」

「でも、今のところ自分たちの作業にとても満足している」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します