現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フェラーリPU、信頼性に綻び? 排気系の”小さな問題”がフェラーリとハースに影響

ここから本文です
スポーツ 2019.3.1

フェラーリPU、信頼性に綻び? 排気系の”小さな問題”がフェラーリとハースに影響

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 バルセロナで行われている2回目のF1オフシーズンテスト3日目、フェラーリのシャルル・ルクレールがトップタイムをマークした。しかしながら午後のセッション終盤、コース上でストップして赤旗掲示の原因になった。これはパワーユニット(PU)の排気系に問題があったためのようだ。

 フェラーリは、”エキゾーストに小さな問題”があったことが、マシンストップの原因であることを認めている。

    ■ピエール・ガスリー、レッドブルでもホンダ湊谷エンジニアとタッグ「彼は新しい環境での”基準”になってくれる」

 一方、フェラーリPUのカスタマーであるハースも、排気系のトラブルで午後の走行時間を失っていたようだ。

 チーム代表のギュンター・シュタイナーによれば「エキゾーストマニホールドの故障と排気ガス漏れ」のトラブルが発生。それに対処するためにエキゾーストマニホールドだけでなく、ギヤボックスやターボチャージャーまで取り外さなければならなかったと述べた。

 この日、午後の走行を担当したロマン・グロージャンは16周止まり。午前中はケビン・マグヌッセンがステアリングを握ったが、ブレーキ・バイ・ワイヤのプログラムに問題があり、53周の走行となった。

 トラブル続きだった1日を振り返ったグロージャンは「僕はすべての問題がそれぞれ異なるもので、しっかりと(原因が)特定されていると思う。だからあまり心配していない」と語った。

「言うまでもなく、問題は発生して欲しくないしたくさん走行したい。でもそれは時々起こることだし、解決に時間がかかることもある」

「でもマシンは素晴らしいし、感触は良い。それが大事なんだ」

 アルファロメオを含めた、フェラーリPUを搭載した3チームは1回目のオフシーズンテスト4日間で合計1489周を走破した。これはPUメーカー別で最多だったが、2回目のテストでは様々なトラブルが発生している。

 連日クーリングシステムの問題や、メカニカルトラブルによるクラッシュが発生したフェラーリは、3日間で289周の走行に留まっている。チーム別で見ると8位の走行距離であり、ライバルであるメルセデスが最多の448周を走っていることを考えると物足りない数値と言える。

 ただテスト3日目、フェラーリは走行終了の20分前に前述のマシンストップがあったとはいえ、138周を走破。ルクレールも、多くの距離を走れたことに手応えを感じたようだ。

「昨日(2日目)もその前も走行時間を失っていたので、今日は素晴らしいと感じた。1日を過ごしてより自信を感じたんだ」

 速さを示しつつも、2回目のテストで信頼性に綻びを見せたフェラーリ。ライバルたちからの”評価”は高いが、チャンピオン奪回のためには、開幕までに万全の準備を整える必要があるだろう。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Scott Mitchell)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します