現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フェラーリ、488 GTBの後継車『F8 Tributo』の公式画像を発表。最優秀エンジンに選出されたV8搭載の史上最強モデル

ここから本文です
スポーツ 2019.3.1

フェラーリ、488 GTBの後継車『F8 Tributo』の公式画像を発表。最優秀エンジンに選出されたV8搭載の史上最強モデル

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フェラーリは、3月5日(火)のジュネーブ国際モーターショーでの公式発表に先立ち、新型『F8トリビュート(Tributo)』のオフィシャル画像を公開した。

 F8トリビュートは、フェラーリ488 GTBの後継モデルとして製造されるスポーツカーだ。このネーミングには、オリジナルモデルのエンジンのレイアウトとパワーへの敬意が込められている。

    “試乗”最大の自動車体感イベント、モーターファンフェスタ2019を4月14日に富士で開催

 最高出力は先代モデルから50馬力高くなり、720馬力という圧倒的な出力と、185ps/lという出力比を誇るこのミッド・リヤエンジンは、フェラーリのスペシャル・シリーズを除いてフェラーリ史上もっともパワフルなエンジンだ。軽量化も行われており、現行モデルの中でもトップレベルのパフォーマンスと抜群のコントロール性能を備えている。

 また総排気量は3902ccのV8エンジンは、イギリスの出版社が主催する『インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー』において、2016年から2018年まで『最優秀エンジン』に輝いた。さらには2018年、過去20年のなかでもっとも優秀なエンジンを選出する特別賞『ベスト・オブ・ベスト』を受賞した。

 インテリアではステアリングも小径化されていて、グリップ感覚が強化し、細かいステアリングの操作に反応する車自体の挙動を掴みやすくなった。総重量もフェラーリ488 GTBから40kg軽くなっている。

【フェラーリ F8トリビュート スペック】
■エンジン
型式:90度V型8気筒ターボ
総排気量:3902cc
最高出力:720ps/8000rpm
比出力:185ps/l
最大トルク:770Nm/3250rpm

■寸法と重量
全長:4611mm
全幅:1979mm
全高:1206mm
乾燥重量:1330kg

■加速性能
0-100km/h加速:2.9秒
0-200km/h加速:7.8秒
最高速度:340km/h

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します