現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > スーパー耐久:バースレーシングプロジェクト、2019年はTCRとGT4を1台ずつ投入へ

ここから本文です
スポーツ 2019.3.1

スーパー耐久:バースレーシングプロジェクト、2019年はTCRとGT4を1台ずつ投入へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ピレリスーパー耐久シリーズに参戦するバースレーシングプロジェクト(BRP)は2月28日、2019年の参戦体制を発表した。今季はST-TCRクラスにアウディRS3 LMS TCRを、ST-ZクラスにFIA GT4マシンであるメルセデスAMG GT4を投入する。

 奥村浩一代表率いるBRPは、2016年まではホンダ・フィットでST-5に挑んでいたが、2017年からはアウディを投入しST-TCRに参戦。2019年はさらに近年台数が増えているGT4車両のメルセデスAMG GT4も加わり2台体制となる。

    スーパー耐久:MP Racing、ニッサンGT-RニスモGT3でST-X参戦。鈴鹿10時間にも

 28日に発表されたのはその2台を駆るドライバーラインアップで、ST-TCRの19号車アウディ『BRP Audi Mie RS3 LMS TCR』はHIROBON/松本武士/篠原拓郎という3人(開幕戦鈴鹿のエントリーには太田侑弥の名前も記されている)、そして奥村/水谷晃/林久盛/山脇大輔という4人が190号車メルセデスの『BRP AMG GT4』をドライブする。

 プレスリリースには、「ドライバー・メカニック・スタッフ一丸となって、2019年シーズンを全力で走り抜いて参りますので、皆様ご支援ご声援何卒よろしくお願い致します」と記されている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します