現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1合同テスト後半3日目午前:ルクレール1分16秒台! トロロッソ・ホンダのアルボン2番手につける

ここから本文です
スポーツ 2019.2.28

F1合同テスト後半3日目午前:ルクレール1分16秒台! トロロッソ・ホンダのアルボン2番手につける

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カタルニア・サーキットで行われているF1合同テスト後半の3日目。その午前中のセッションが行われ、フェラーリのシャルル・ルクレールがトップタイムを記録した。

 この日は、午前中から各車が最も柔らかいC5タイヤを履き、タイムアタックを実施。全体的にラップタイムが一気に短縮された。

    ■レッドブル・ホンダやフェラーリはもっと速いはず……マクラーレン連日最速タイムも、サインツJr.は慎重な構え|F1合同テスト

 そんな中トップタイムをマークしたのは、フェラーリのルクレール。ルクレールのタイムは1分16秒231であり、昨年のスペインGPでルイス・ハミルトン(メルセデス)が記録したポールポジションタイムまで、あと0.05秒差と迫った。

 2番手には、トロロッソ・ホンダのアレクサンダー・アルボン。アルボンもC5タイヤを履き、1分16秒台に入った。

 3番手には、テスト後半初日・2日目とトップタイムを記録し続けてきたマクラーレン。この日はランド・ノリスがドライブしており、1分17秒フラットを記録している。レッドブル・ホンダのピエール・ガスリーも1分17秒0で4番手となった。

 ルノーのニコ・ヒュルケンベルグは5番手タイムだったが、71周を走行。以下レーシングポイントのランス・ストロール、アルファロメオのアントニオ・ジョビナッツィが続いた。

 メルセデスのルイス・ハミルトンは8番手だった。しかしハミルトンが履いたのは2番目に硬いC2タイヤ。しかも午前中だけで85周を走っており、その実力をまだまだ隠している……そんな印象だ。

 9番手にはウイリアムズのジョージ・ラッセル、10番手にはハースのケビン・マグヌッセンが続いた。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Motorsport Network.)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します