現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > リカルド、ルノーF1が中団チームをリードできることに期待。「トップ3チームとの差はまだ大きい」

ここから本文です
スポーツ 2019.2.28

リカルド、ルノーF1が中団チームをリードできることに期待。「トップ3チームとの差はまだ大きい」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ダニエル・リカルドは、ルノーがトップ3チーム(メルセデス、フェラーリ、レッドブル)の下である”中団チームのトップ”として、新たなシーズンに挑むことを期待していると語ったものの、何かを確実に決めるのは、まだ時期尚早だと認めている。

 カタロニア・サーキットで行われているF1プレシーズンテスト2日目、リカルドはルノーR.S.19の走行を終えた後、以下のようにメディアに語った。

    グランプリのうわさ話:ピレリテストの若手起用禁止で、一部チームの財政に大打撃

「現実的な予測をするのはまだ早すぎる」

「だけど、誰が速いのかは分かると思う。フェラーリはすごく強力そうだし、今ではレッドブルがさらに実力を見せ始めている。そしてメルセデスだ」

「そうしたトップ3チームとの差は、昨年の時点ですでにとても大きかった」

「トップ3チームは今もまだ他のチームに対して余裕を持っていると思うけど、まだ分からないね」

「僕たちはそうした差を縮めようとしている。でもメルボルンでは彼らのマシンが主に上位を占めるだろうね」

「僕たちの目標は、まず何よりも4位かそれ以上のチームランキングにつけることだ。そしてチームは、トップ3チームとの差に焦点を合わせている。みんな知っているように、この差はとても大きいから一晩で縮まるものではないよ」

「中団グループの中での差はとても小さいのは間違いない」

「うまくいけば僕たちが中団チームをリードすることができるし、前にも言ったようにビッグスリーに近づきたい。でも今は、断言するのは難しい」

「今年の目標が、トップとの差を縮めることであることは確実だよ」

■開発ペースに課題を抱えるルノーF1
 リカルドは、新チームメイトのニコ・ヒュルケンベルグから、2018年のエンストンでの彼の経験について話を聞いていると語ったが、2019年にチームが改善しなければならない、あるひとつの領域についてはっきりと示した。

「昨年のことについては知っている。ニコと話して、昨年チームがどうだったかを理解した。開発率はチームが望むほど早いものではなかった」

「それも今年取り組まなければならないことだ。マシンに何が必要とされているかを理解し、改善を始め、もう少し早く進めるんだ」

 少なくとも今のリカルドは、新チームでのテストの進捗状況に前向きな感触を得ており、27日にはさらに進歩が見られたという。

「レース走行は中断された。赤旗が何度かあったし、セブ(セバスチャン・ベッテル)がターン3のところでバリアにぶつかったのを見た」

「そういったトラブルのおかげで、レース走行が中断されたんだ」

「でも燃料を多く積んで、たくさんの周回を重ねた。レース走行ではまだほとんどやったことがなかったから、重要だったんだ」

「(カルロス・)サインツJr.のタイムを見ると、一番ソフトなタイヤなのに17秒1を出しているから、速いね」

「誰もが1分17秒台の速さを出せているから、メディアの人たちにとっては良いことじゃないかな」

「でも、もう一度言うけれど、僕たちは同じ燃料積載量で同時に走っているわけではない。もし誰かが午前10時にタイムを出しても、11時には状況は完全に違ったものになり得るんだ」

「現実には、メルボルンでの予選で全員が同じ量の燃料を積み、同じタイヤを履き、同じコースコンディションで走る時まで、分からないだろう」

「僕は絶好調だよ。正直なところ、メルボルンへの準備はできている。テストはあと2日だ。やらなければならないからやるけれど、早くメルボルンへ行きたいよ!」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します