現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > MotoGP:プラマック・レーシングが体制発表。ランボルギーニがデザインした新カラーをお披露目

ここから本文です
スポーツ 2019.2.28

MotoGP:プラマック・レーシングが体制発表。ランボルギーニがデザインした新カラーをお披露目

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2月27日、MotoGPに参戦するアルマ・プラマック・レーシングは、イタリアのスカイTVスタジオで2019年シーズンのチーム体制を発表した。

 2018年はイタリア人ライダーのダニロ・ペトルッチとオーストラリア人ライダーのジャック・ミラーのラインアップで挑んだプラマック・レーシング。ペトルッチが第5戦フランスGPで2位表彰台に登りランキング8位を獲得、ミラーはランキング13位で終えた。

    MotoGP:中上「スタートに向け準備は整った」。セパンから6日間連続トップ10入りでテスト終える

 また、プラマック・レーシングは、2018年に新設されたインディペンデントチームのチームランキングでトップとなり、初代王者に輝いている。

 2019年シーズンは、ミラーを継続起用し、2018年のMoto2クラスチャンピオン、フランセスコ・バニャイアを新たに迎えて戦う。

 発表会では2019年に使用するデスモセディチGPの新しいカラーリングを初公開した。白、赤、青を基調としたカラーリングデザインは、イタリアの四輪メーカー、ランボルギーニのデザイン部門セントロ・スタイル責任者、ミィティア・ボルケルトが担当している。

 最高峰クラスで5年目のシーズンを戦うミラーは次のようにコメント。

「僕にとって非常に重要なシーズンだ。(マシンは)ドゥカティのファクトリーバージョンが供給される。上位陣と戦えることを証明しなければいけない。昨シーズンを通じて素晴らしい関係を築いたチームのサポートが受けられる。飛躍を遂げる時が来た」

 初めて最高峰クラスを戦うバニャイアは「この新たなアバンチュールを、大きな野心を抱き、気配りのあるチームと一緒に始められることがうれしい」と意気込みを語る。

「これらは僕にとって非常に重要な要素だ。僕たちはテストを通じていい仕事をし、周回を重ねるごとにバイクのフィーリングはよくなった。開幕戦はもうすぐだ。待ち切れない」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します