現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > スーパーGT:Moduloが支援する2台のカラー公開。ナカジマレーシングはブラック基調に変身

ここから本文です
スポーツ 2019.2.28

スーパーGT:Moduloが支援する2台のカラー公開。ナカジマレーシングはブラック基調に変身

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ホンダアクセスは2月28日、2019年のスーパーGTに参戦するModulo Nakajima Racing、Modulo Drago CORSEのマシンカラーリングを公開した。今季は“ダイナミック”をテーマに共通のデザインイメージを採用している。

 ナレイン・カーティケヤンと牧野任祐のふたりを起用してGT500クラスを戦うModulo Nakajima Racing。これまではホワイトを基調としたカラーリングが印象的だったが、2019年はマットブラックをベースにレッド、ホワイトを差し色として使う引き締まった印象に仕上げられた。

    スーパーGT:2019年のシリーズエントリーリスト発表。両クラス合計44台が揃う

 道上龍と大津弘樹のコンビで2018年からGT300クラスを戦っているModulo Drago CORSEも、マットブラックベースのカラーリングを採用。こちらもルーフピラーにホワイト、ボディ下部にレッドの差し色が使われ、“兄弟車”のようなイメージとなっている。

 この2チームは、マシンカラーリングのほか、レーシングスーツ、チームウェアも共通のデザインイメージを採用するとのことで、サーキットでは目を引く存在になりそうだ。

 なお、マシンの実車についてはModulo Nakajima RacingのModulo EPSON NSX-GTを3月2~3日のモースポフェス2019で、Modulo Drago CORSEのModulo KENWOOD NSX GT3を3月16~17日の岡山公式テストで披露するとのこと。

 また2019年シーズンからは、新たな試みとして両チームのレースダイジェストやドライバーコメントなどの動画コンテンツを展開していくという。

 そのほかホンダアクセスは、ピレリスーパー耐久のST-TCRクラスに参戦するModulo Racing with DOMEもサポート。中野信治や大津などを起用してModulo CIVIC TCRとしてシリーズを戦う。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します