現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > メルセデスに何が起きているのか? ベッテル「良く見える時も、そうじゃない時もある……」

ここから本文です
スポーツ 2019.2.28

メルセデスに何が起きているのか? ベッテル「良く見える時も、そうじゃない時もある……」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、ライバルになるであろうメルセデスが、テスト後半に多くのアップデートを持ち込んだことに対して「少し驚いた」と語った。

 カタルニア・サーキットで行われているF1合同テスト。その後半4日間の日程が2月26日から始まり、各チームが精力的に走りこんでいる。

    ■F1バルセロナ合同テスト後半3日目:ライブコメント実施中

 その初日に話題となったのが、メルセデスが大規模なアップグレードを投入したことだ。ここまで、意図的か、あるいはそうではないのかは別として、上位のタイムを記録していないメルセデスは、後半日程の初日に、ノーズやフロントウイングなどをアップデートしてきた。チームはこのパッケージについて「開幕戦を目指した仕様」だと説明している。

 新たなエアロパッケージを作り上げるのに必要な時間を考えれば、メルセデスは以前から、テスト後半に向けてアップデートを投入することを計画していたとみられる。

 一方で、昨シーズン前半はメルセデスを苦しめることになったフェラーリ陣営は、テスト前半から精力的に走行。信頼性と速さの両面を見せつけている。

 そのフェラーリのドライバーであるベッテルは、メルセデスの動向に常に注目していると語る。

「みなさんも間違いなくそれ(メルセデスのマシン)を見るよね? それには僕、も興味がある」

「そのマシンに様々な考え方があるのに、僕は少し驚いた。でも、誰もが自分のやり方を通すものだ」

「もちろん、このテストで起きていることは興味深い。でも、本当の意味での成功は、メルボルンでしか得られないものなんだ」

 昨年まで5年連続でドライバーズとコンストラクターズのダブルタイトルを独占してきたメルセデス。しかしここまでのテストでの低調ぶりにより、2019年シーズンから導入された新レギュレーション下での開発に失敗したのではないか……そんな噂すら囁かれ始めている。

 テスト後半の初日にはパワーユニットの交換を行ったため、アップデート版のパッケージの評価に時間を費やすことができず、開幕までの走行機会はと2日という段階になっても、そのポテンシャルを発揮するには至っていないのだ。

 ベッテルは3つの”重要な要素”が、本来の姿を隠していると語る。

「他のマシンが走っているのを見た時、いつも疑問に思うのは次の3つだ。彼らはどれくらい重いのか? そして彼らはどのくらいのパワーを使っているのか? そしてその周回でバッテリーのエネルギーをどれだけ使ったのか?」

「これらが、分からない3つの要素ということになる。タイヤは分かっているので、それほど大きな要素にはならない」

 ベッテルは、シーズン前のテストということもあり、順位をあまり注視すべきではないと主張した。

「タイムについては、まだ正確には分析していない」

 そうベッテルは語る。

「でもレッドブルはこれまでのところとても強力で安定していて、なおかつ信頼性も高いように見える」

「いくつか驚くべきこともあった。アルファロメオはとてもよく見える。メルセデスについては……現時点では、僕らの視点からは、起きていることを正確に知るのは難しい」

「メルセデスは、良く見える時もあるし、そうじゃない周回もある。でも、すべてがテストの一部分なんだ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Scott Mitchell)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します