現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フェルナンド・アロンソ、バルセロナに登場。今季中に”アンバサダー”としてマクラーレンMCL34をテストへ

ここから本文です
スポーツ 2019.2.28

フェルナンド・アロンソ、バルセロナに登場。今季中に”アンバサダー”としてマクラーレンMCL34をテストへ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2005年と2006年にF1ワールドチャンピオンに輝いたフェルナンド・アロンソ。そのアロンソは昨年限りでF1を退き、現在はTOYOTA GAZOO Racingの一員としてWEC(世界耐久選手権)に参戦。また、今季のインディ500にも”カーナンバー66”を背負って挑戦することになっている。

 ただF1を離れたとはいえ、苦戦が続くマクラーレンを復調軌道に乗せるべく、アロンソの手腕に期待する声も多く上がっていた。つまり、アロンソによる最新マシンのテストドライブである。そしてマクラーレンは、その計画が実際に持ち上がっていることを認めた。

    ■ホンダF1、”イレギュラーな1日”も229周走破。PUはトラブルなくデータ蓄積

「彼は厳選されたテストで、MCL34と2020年用のMCL35の開発を手助けすることになるだろう」

 マクラーレンはそうコメントしている。

 今シーズン中には公式テストが4日間設定されている。そのうち2日間は、F1参戦2戦以下のドライバーが走行しなければならないが、アロンソは残り2日のいずれか1日を担当することになると思われる。

 チームはまた、アロンソはアンバサダーの業務の一環として、ドライバーやエンジニアに助言を与えることになるとも示唆している。

 アロンソも、この新たな役割に就くことを歓迎しているようだ。

「僕は昨年限りでF1を引退した。そしてこの新しい役目と、この精神的な拠り所とも言えるチームと密接に関わり続けることができるということを、とても嬉しく思っている」

 そうアロンソは語った。

「もちろん、僕らは5月にインディ500に挑戦する。それをとても楽しみにしているんだ。でもそれは、僕らが共に行うことができる多くのことの、ほんの始まりに過ぎない」

「若い才能を育てることについては、特に興味を持っている。マクラーレンの次世代のF1ドライバーを育てることになるかどうかはさておき、彼らの本当の可能性を解き放ちたいのだ」

「これはチームにとっても、僕にとっても、とても重要なことだ。そしてそれは、僕の役目の中でも、特にやりがいを感じられる部分になることだろう」

 マクラーレン・レーシングのCEOであるザク・ブラウンも、アロンソの”存在”に期待を寄せる。

「どんなレースチームにとっても、自身の経験を通じてサポートをしてくれる、フェルナンドのような誰かを近くに抱えていることは、とても価値があることだ」

 そうブラウンは語る。

「彼の洞察力と視点は、我々のドライバーとエンジニアの双方に歓迎されることだろう。彼の偉大さ、そしてその性格は、我々のパートナーやファンにとって、依然として魅力的なもののだ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Scott Mitchell)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します