現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1合同テスト後半2日目:マクラーレンのサインツJrがトップタイム! フェラーリはトラブル続き……

ここから本文です
スポーツ 2019.2.28

F1合同テスト後半2日目:マクラーレンのサインツJrがトップタイム! フェラーリはトラブル続き……

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2月27日(水)、第2回F1バルセロナ合同テストの2日目総合トップタイムを記録したのはマクラーレンのカルロス・サインツJr.だった。なおレッドブルのマックス・フェルスタッペンは5番手タイムとなった。

 サインツJr.はC4 コンパウンドのタイヤを使い、1分17秒144を記録した。この日サインツJr.は他のどのドライバーよりも多い、130周を走破している。

    ■ レッドブルのパフォーマンスが見えた? ロング&ショートラン両立し上々の滑り出し

 2番手にはレーシングポイントのセルジオ・ペレス(+0.698秒)が入った。ペレスもC4コンパウンドのタイヤを使用してタイムを記録している。

 3番手タイムはセバスチャン・ベッテル(+1.051秒)だが、午前中にメカニカルトラブルによりクラッシュ。これが原因となり、午後のセッション時間の大半をかけてマシンのチェック作業を行っていた。こうした影響から、午後の走行を担当する予定だったチームメイトのシャルル・ルクレールは1周のみの走行となった。

 テスト1回目は順調だったフェラーリだが、2回目のテストは初日にクーリングシステムの問題に見舞われており、連日のトラブル発生となってしまった。

 レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは6番手タイム(+1.251秒)となった。フェルスタッペンは128週を走行。記録した最速ラップもC3コンパウンドのタイヤを使用している時のものであり、まだ余力がある事を伺わせる内容だった。

 レッドブルと同じくホンダ製PUを搭載するトロロッソは、ダニール・クビアトが出走し、7番手タイムを記録した。クビアトは101周を走行している。

 メルセデスは上位に顔を出さず。タイムはバルテリ・ボッタスが8番手、ルイス・ハミルトンが9番手となっている。メルセデスは新型のフロントウイングとノーズをテストしているが、タイムからはその効果は読み取れない。

 今回のテストは問題なく走行が行えているウイリアムズ。F1復帰のロバート・クビサがC5コンパウンドのタイヤで11番手タイムを記録した(+2.223秒)。クビサは130周を走行。ウイリアムズは少しでも多く走行を重ねデータを収集したいところだろう。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Motorsport Network.)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します