現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 現状は2番手だが「レッドブル・ホンダは開幕までにフェラーリに追いつく」とチーム首脳が自信

ここから本文です
スポーツ 2019.2.27

現状は2番手だが「レッドブル・ホンダは開幕までにフェラーリに追いつく」とチーム首脳が自信

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レッドブルのモータースポーツコンサルタント、ヘルムート・マルコは、今のところ2019年のニューマシンのなかで最速なのはフェラーリだが、それに続くのはレッドブル・ホンダであると考えている。

 フェラーリはプレシーズンテストで優れたペースを発揮するとともに、周回数も順調に重ねており、全チーム中、最も好調なのではないかとの推測が高まっている。マルコもそう考えるひとりだが、レッドブルも大きく遅れてはおらず、メルセデスを超えて2番手にいると主張する。

    レッドブル・ホンダのガスリー、最多距離を走りこみ自己ベスト更新「ペースはいい。開幕に向けパフォーマンスはさらに向上するはず」

 メルセデスはロングランに徹しているとはいえ、ここまで目立ったタイムを出しておらず、ドライバーたちはマシンのハンドリングに不満があると示唆している。テスト2でメルセデスは大規模な空力アップデートを持ち込み、パフォーマンス向上を狙っている。

「フェラーリとの差は0.2秒だ。我々はそのギャップをシャシー側で見つける必要がある」とマルコが語ったとAuto Motor und Sportが伝えた。

「メルセデスは我々より後ろだ」
「(フェラーリとのギャップは)遅くともメルボルンまでにはなくなるだろう」

 テスト2の初日である26日、レッドブルのピエール・ガスリーは136周と、この日参加した13人中最多の距離を走り、C3タイヤでの1分17秒715で2番手となった。マクラーレンのランド・ノリスがC4タイヤで記録したトップタイムとはわずか0.006秒差だった。ガスリーは、レッドブル・ホンダのポテンシャルは大きいと考えており、高い信頼性によって多くの周回を重ねられていることで、開幕戦に向けてパフォーマンスを向上させていけると、ポジティブな発言を行っている。

 一方、マルコはスペイン・バルセロナでの今回のテストでは、タイヤのグレイニングにより、エンジニアの分析作業が幾分困難になっていると語った。

「悪夢のようだ。薄いトレッドはグレイニングを最小限に抑えるはずだが、気温が低い状態ではささくれが起きる」とマルコは言う。ピレリは2019年、オーバーヒート抑制のため、トレッドの薄いタイヤを採用している。

「これを考慮し、誤った結論を出さず、開発の方向性を間違うことがないようにする必要がある」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します