現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ホンダF1、239周を走行しデータ収集「PUに大きな問題はなし。開幕戦に向け順調に準備を進めた」と田辺TD

ここから本文です
スポーツ 2019.2.27

ホンダF1、239周を走行しデータ収集「PUに大きな問題はなし。開幕戦に向け順調に準備を進めた」と田辺TD

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年第2回F1テストがスペイン・バルセロナにおいてスタート、ホンダのパワーユニット(PU/エンジン)を搭載するレッドブル・レーシングとスクーデリア・トロロッソが共に100周を超える距離を走り切った。

 26日、レッドブルのピエール・ガスリーは136周と、この日参加した13人中最多の距離を走り、C3タイヤでの1分17秒715で2番手となった。マクラーレンのランド・ノリスがC4タイヤで記録したトップタイムとはわずか0.006秒差だった。

    【F1テスト2回目デイ1・タイム結果】マクラーレンがトップタイム。レッドブル・ホンダのガスリーが0.006秒差で2番手

 トロロッソのアレクサンダー・アルボンは、午前中にトラブルがあり走行時間を失ったものの、その後挽回し、合計103周を走行。自己ベストタイムはC4タイヤでの1分18秒649だった。

 ホンダは、開幕戦に向けてできる限り多くの距離を走りこむことがこの日の一番の目標だったとしている。その目標を達成することで膨大なデータを収集し、ドライバーたちはパワーユニット、さらにマシンパッケージ全体への理解を深めつつあるということだ。

 ホンダのF1テクニカルディレクターである田辺豊治氏は、一日を振り返り、次のように語った。

「先週のテスト1を終え、今日から再びテスト2が始まりました。開幕戦に向けて走行できるのは今日も含めて残り4日間しかありませんので、両チームが予定しているプログラムを完了させるためにも、可能な限りの走り込みを行い、準備を進める必要があります」

「今日は、ロングランやショートランを交えながら両チーム合計で239周を走行できましたし、PUとしても大きな問題はなく、多くのデータを蓄積できて、順調な一日となりました」

「ドライバーやエンジニア、メカニックにとっては、走れば走った分だけ、マシンやオペレーションへの理解を深められる時期だと思いますし、明日以降もスムーズなセッションを続けられればと思っています」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します