現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ブレンドン・ハートレー、セブリングでキャデラックをドライブ。WECとIMSAのダブル参戦へ

ここから本文です
スポーツ 2019.2.26

ブレンドン・ハートレー、セブリングでキャデラックをドライブ。WECとIMSAのダブル参戦へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 元F1ドライバーのブレンドン・ハートレーは、アクション・エクスプレス・レーシング5号車のメンバーとして、3月16日に決勝が行われるIMSAウェザーテックスポーツカー選手権のセブリング12時間レースに参戦することになった。

 ハートレーは、1月のデイトナ24時間レースで現役を引退したクリスチャン・フィッティパルディの後任として、フィリップ・アルバカーキとジョアオ・バルボサとともに、キャデラックDPi-V.Rをドライブすることになる。

    ■ F1バルセロナ合同テスト後半1日目:ライブコメント実施中

 なおハートレーは、セブリング12時間レースの前日に行われる、世界耐久選手権(WEC)セブリング1000マイルにも参戦する予定だ。欠場するジェンソン・バトンの代役として、SMPレーシングのマシンを駆る予定となっている。

 アクション・エクスプレス・レーシングのチーム代表であるゲイリー・ネルソンは、次のように述べた。

「クリスチャンが引退することを決心したので、チームプレイヤーであり、速くて優れたドライバーを見つける必要があった。ブレンドンは素晴らしい経歴と姿勢なので、ジョアオやフェリペと良くマッチするはずだ」

「私は彼が2013年にGrand-Amでレースをしていたのを見て以来、何年も彼をフォローしていたので、彼がセブリングに参加してくれて嬉しいです」

 元々アクション・エクスプレス・レーシングからデイトナに参戦することになっていたマイク・コンウェイは、ビザトラブルでデイトナを欠場。トヨタが自分たちのドライバーにWECに専念するよう命じているため、コンウェイがIMSAのセブリングに参戦することは不可能となっていた。

 ハートレーは、2019年はフェラーリF1のシミュレータードライバーとして活動する他、ファクトリードライバーとしてポルシェのフォーミュラE参戦の準備を進めることになるだろう。

 さらに5月のWECスパではバトンの代役として再びSMPレーシングのマシンを駆る予定。6月のル・マン24時間レースに向けてはLMP2クラスのチームから誘いを受けているようだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Jamie Klein)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します