現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 女性F1ドライバー誕生へ一歩前進? カルデロン、アーデンからF2に参戦決定

ここから本文です
スポーツ 2019.2.26

女性F1ドライバー誕生へ一歩前進? カルデロン、アーデンからF2に参戦決定

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コロンビア出身の女性レーシングドライバーであるタチアナ・カルデロンが、今季FIA F2に参戦することになった。所属チームはBWTアーデン、チームメイトは昨年のGP3チャンピオンであるアンソニー・ユベールである。

 カルデロンはGP3デビューイヤーにもアーデンに所属。その後、2017年にはDAMSで、2018年はイェンツァーでGP3を戦ってきた。

    ■F1バルセロナ合同テスト後半1日目:ライブコメント実施中

 昨年はカルデロンにとって飛躍の年となった。自身最高位の6位入賞を果たすなど7回にわたってポイントを獲得し、最終的にはランキング16位でシーズンを終えている。そしてシーズン終了後のアブダビでは、チャロウズのF2マシンをテストしている。

 なお彼女が加入するアーデンは、メルセデスとの関係が深いHWAとテクニカル・パートナーシップを結んでいる。

「HWAと技術提携するBWTアーデンの一員としてFIA F2に参戦できることに、とても興奮しています」

 カルデロンはアーデン加入についてそうコメントしている。

「これは、私のキャリアにおける新たな挑戦です。そして、私の最終目標であるF1に一歩近づいたことを意味します。私は、共に素晴らしい成果を成し遂げることができると確信しています。そして、来週から始まるテストが待ちきれません!」

 アーデンのチーム代表であるギャリー・ホーナーも、次のようにコメントを寄せた。

「F2での彼女のテスト結果は、非常に印象的だった。彼女が、アンソニーの力強いチームメイトになるだろうと確信している」

 カルデロンは昨年、F1マシンのドライブを始めて経験した。それも2回。1回はメキシコシティで現行マシンを走らせ、もう1回はフェラーリのテストコースであるフィオラノで2013年仕様のマシンをドライブしたのだ。いずれのマシンもザウバーのモノである。

 なおザウバーは今季からアルファロメオに名を変えて参戦することになっている。カルデロンが今後もアルファロメオとの関係を継続させていくのかどうかは、まだ明らかになっていない。また、冬の間にはフォーミュラEのテストにも参加し、DSテチータのマシンをリヤドとメキシコで走らせている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Jamie Klein)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します