現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > トロロッソ・ホンダF1、開発担当経験を経て“新たな視点を持った”クビアトは「結果を残せるはず」と期待

ここから本文です
スポーツ 2019.2.26

トロロッソ・ホンダF1、開発担当経験を経て“新たな視点を持った”クビアトは「結果を残せるはず」と期待

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トロロッソ・ホンダF1チームは、ダニール・クビアトが2018年にフェラーリで開発ドライバーを務めた経験は、彼の役に立ったと考えている。

 2014年にトロロッソからF1にデビューしたクビアトは、2015年にレッドブルへと昇格。翌2016年もレッドブルからの参戦となったが、シーズン序盤にミスが相次ぎ、事実上の降格という形で再びトロロッソに戻った。

    F1最終テスト ドライバー走行スケジュール情報:レッドブル・ホンダはガスリー、トロロッソはアルボンを初日に起用

 引き続き2017年もトロロッソから参戦したクビアトだったが、シーズン終了を待たずしてシートを失い、彼の後任にはブレンドン・ハートレーが就任した。

 そして2018年はフェラーリの開発ドライバーを務めたクビアトだったが、2019年、彼はもう一度トロロッソでF1をドライブするチャンスを得た。


 3月下旬よりトロロッソ・ホンダのテクニカルディレクターに就任するジョディ・エギントンは、「ドライバーが久しぶりに戻ってくるとき、そのドライバーには新しい経験と視点が備わっている」と話した。

「ダニー(クビアトの愛称)にレースから離れていた時間があったいうことは、物事をよく考える時間があったということだ」

「彼はとてもやる気に満ちているし、本当に良い仕事をしている」

 クビアトがかつてトロロッソのドライバーであったこともあって、チームは彼のドライビングスタイルをよく理解している。その上でエギントンは、「彼はフェラーリでたくさんシミュレーター作業を行っていたが、それは我々の利益にもなる」と考えている。

「以前チームにいた時にも、彼は申し分ないフィードバックをくれたので、とても役に立っていた」

「彼が以前このチームにいた経験を持っていて、我々にいくつかのことを思い出させてくれて、信頼できるフィードバックをくれることになってよかった」

■「マシンが機能すれば成績を残せる」とトスト代表も期待

 クビアトはこれまでに72レースに出場しており、プレシーズンテスト前のシェイクダウンでF1マシンを初めて走らせたチームメイトのアレクサンダー・アルボンと比べると、すでにちょっとしたベテランとも呼べるだろう。

 エギントンは2019年シーズンに向けて、クビアトの経験はチーム全体やアルボンにとっても必要なものだと認めた。

「彼は大いにチームの助けになる。それにアレックス(アルボンの愛称)ともうまくやっていけるだろう」

 また今回クビアトは、良い成績を残すためにも、トロロッソ・ホンダのチーム代表であるフランツ・トストからも後押しを受けている。

 トストは1回目のプレシーズンテストの際に、次のように話した。

「クビアトは良い仕事をできるだろう。もし我々の期待通りにマシンがうまく機能すれば、彼は結果を残すことができるはずだ」

「我々は皆、ダニール・クビアトが非常に優れたスキルを持ったドライバーだとわかっている。彼は過去にそれを示してきた」

「彼はレッドブル・レーシングにも加入したが、私には全てが少し早すぎたように思える」

「そして彼は我々の元に戻ってきたが、あの当時マシンにはたくさんの問題があったので、我々は競争力を発揮できなかった」

「その後はもっと学習し、より成長できる場所を見つけ、彼はフェラーリのシミュレーター担当のドライバーとして1年を過ごした。そして今、戻ってきたのだ」

「彼は十分に成長した。そしてもちろん、これまで以上にリラックスしている。もしマシンパッケージが良いものであれば、彼は結果を残せるだろう」


  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します