現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > SBKの4連覇王者レイ、開幕戦でドゥカティの後塵拝す。「結果には満足だがバウティスタとの差にはがっかり」

ここから本文です
スポーツ 2019.2.25

SBKの4連覇王者レイ、開幕戦でドゥカティの後塵拝す。「結果には満足だがバウティスタとの差にはがっかり」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2月22~24日にオーストラリアのフィリップ・アイランド・サーキットで行われた2019年シーズンのスーパーバイク世界選手権(SBK)開幕戦、ジョナサン・レイ(カワサキ・レーシングチーム・ワールドSBK)は3レースすべてで優勝を逃した。ドゥカティのアルバロ・バウティスタの後塵を拝した開幕戦。レイは「結果には満足しているけれど、バウティスタとの差には少しがっかりだよ」と語った。

 迎えた初日、2回のフリー走行を終えたレイは、バウティスタに続く2番手。「表彰台争いができるペースはある。けれど、勝つためにはもう少し改善が必要だ」と語っていた。

    SBK開幕戦オーストラリアはドゥカティのバウティスタが完全制覇。追随許さぬ大量リードでレース2制す

 カワサキの2019年型ZX-10RRは、前モデルに対しエンジンに大幅なアップデートが施された。対してMotoGPからSBKにスイッチした“ルーキー”、バウティスタが駆るのはドゥカティのパニガーレV4 R。ドゥカティは2018年までL型2気筒エンジンを搭載するパニガーレRでSBKを戦ってきたが、2019年、V型4気筒エンジン搭載マシンが投入された。

 2日目に行われた予選、スーパーポールでは、レイが最後のアタックでトップタイムを叩き出し、ポールポジションを奪取。2番手にはチームメイトのレオン・ハスラムが入り、フロントロウのトップ2をカワサキ・レーシングチーム・ワールドSBKが占めた。

 しかしレース1、レイはバウティスタに大差をつけられて2位争いに甘んじることになる。2019年、新モデルのマシンに対し、エンジン回転数の上限が新たに設定された。ドゥカティのパニガーレV4 Rは16350回転、カワサキのZX-10RRは14600回転で、その差は1750回転。

 2018年も設けられていたエンジン回転数の制限。昨年、カワサキはライバル陣営よりも低いエンジン回転数制限を受け、最大で850回転の差があったと言われている。そんな状況下で、レイが後方から追い上げ優勝を飾るレースも多かった。

 2019年開幕戦レース1でレイは、ハスラムとの2位争いに終始した。最終的に優勝したバウティスタの約15秒後方で、2位でチェッカーを受ける。

 近年圧倒的な速さを見せていたレイとカワサキZX-10RRの、思わぬ開幕レースの姿。ただ、レイはこのレースで、2位が目標だったことを明かしている。

「正直なところ、このレースには満足しているよ。月曜と火曜の(開幕直前にフィリップアイランドで行われた)テストで、僕たちの目標は2位だろうと思っていたんだ。そしてそれを達成できた。今日はレースの最後までタイヤをいい状態に保っていられた。それが今日の目標だったんだ」

「(ポールポジションを獲得した)スーパーポールの結果を見れば、僕たちの本当のポテンシャルがわかるはずさ」

■レイ、バウティスタとの差に落胆の色を見せる
 翌日の日曜日には、スーパーポール・レースとレース2が行われた。今季から導入されたスーパーポール・レースは10周のスプリントレース。この結果によって、レース2のポールポジションから9番手までのグリッドが決定される。

 スーパーポール・レースではレイとバウティスタによる一騎打ちとなった。10周という短いレース距離では、レース序盤からハイペースで攻めていくことが求められる。レイとバウティスタはふたりで抜け出すと、テール・トゥ・ノーズで周回を重ね、何度もトップを奪い合った。しかし最後に先頭でチェッカーを受けたのはバウティスタ。レイはわずかにバウティスタに及ばなかった。

 レース2では前日のレース1と同様にバウティスタが大きく抜け出した。レイはハスラムとの2位争いを展開し、バウティスタの独走を許して2位でフィニッシュしている。

 開幕戦の3レースすべて、バウティスタの後塵を拝し、2位で終えることになったレイ。レイは日曜日のレースを終えて、バウティスタとの差に少しの落胆を見せている。

「バイクをスムーズにするために、今日は昨日(土曜日)から少し、変更を加えて、それは達成できたと思う。レースタイムは土曜日よりも速かったし、今週末の結果には満足しているよ。ただ、トップ(のバウティスタ)との差には少しがっかりしているけどね。とにかく、ここでは難しいレースになると予想はしていたから」

 また、日曜日は気温が上がり、タイヤに厳しい状況だったことも明かしている。

「今日(日曜日)は昨日(土曜日)より、危険を冒すことができなかったんだ。多くのライダーが同じような問題を抱えていたと思う。今日は気温が上がっていたから、最後までタイヤを労わるように気を遣ったよ」

 開幕戦で圧倒的な速さを見せた、バウティスタとドゥカティ パニガーレV4 Rのパッケージ。彼らに対し、カワサキの2019年型ZX-10RRを駆る4連覇王者のレイは、第2戦タイでどう挑んでいくことになるのだろうか。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します