現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 「2019年型F1マシンはパラシュートがついているよう」。ヒュルケンベルグが新ウイングの影響を語る

ここから本文です
スポーツ 2019.2.25

「2019年型F1マシンはパラシュートがついているよう」。ヒュルケンベルグが新ウイングの影響を語る

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ルノーF1チームのニコ・ヒュルケンベルグは、2019年の新ウイングによってドラッグ(空気抵抗)が増加したため、パワーユニットのパワーの向上を感じづらくなっていると語った。

 2019年のF1では、バトルやオーバーテイクを増やす狙いで、ウイングの形状がより幅広くシンプルなものに変更され、位置が引き上げられた。これによりドラッグが増えたため、パワーのレベルを判断するのが難しいとヒュルケンベルグは言う。

    ポテンシャルを秘めたレッドブル・ホンダの新車。各チームの内容から進捗推察【今宮純:第1回F1テストチーム別分析】

 第1回F1テストで、ルノーエンジンのパワーは向上したと思うかと聞かれたヒュルケンベルグは、「そう思うけど、リヤウイングが大きくなって、ドラッグが増加した。その分、(パワーの向上を)感じづらくなっている」と答えた。

「今のマシンだと、ストレートを走っている時、パラシュートを引っ張っているみたいだ。ミラーを見ると、巨大なリヤウイングが見えるんだ。あれがパワーの感覚を得るのを妨げている」

 新空力レギュレーションが導入されたにもかかわらず、昨年型との違いはあまり感じないとヒュルケンベルグは言う。

「あまり変わらないと感じた。まったく違うアニマルだという感じはしない。どちらかというと、慣れ親しんだマシンに乗っているようだ」

「たとえば、ステアリングは同じだし、シートポジションもほとんど変わらない。そもそも僕は大きく変わるとは考えていなかった」

「(新しい空力レギュレーションによって)感覚がどう変わるか、予想をするのが難しかったが、乗ってみると、ほとんど変わらない」

 当初、2019年のレギュレーション変更により今年のマシンは2018年より遅くなるとの予想もなされていた。しかし第1回テストを終えた段階で、ルノーのシャシー担当テクニカルディレクターであるニック・チェスターは、2019年型仕様のマシンは大幅に速くなるとの見解を示した。

「今季型のマシンは、テストが終わるころには、去年の今ごろよりずっと速くなっているだろう」とチェスター。

「2018年の終わりより速くなると思う。2019年シーズンが終わるころには、相当速くなりそうだ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します