現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > トロロッソ・ホンダのアルボン、前任ハートレーを凌げるか。「F1で実力を証明するためには時間を無駄にできない」

ここから本文です
スポーツ 2019.2.25

トロロッソ・ホンダのアルボン、前任ハートレーを凌げるか。「F1で実力を証明するためには時間を無駄にできない」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トロロッソ・ホンダのアレクサンダー・アルボンは、F1において自分が何をできるのかということを示すためにも、時間を無駄にはできないと語った。

 2018年シーズンまでチームに在籍していたブレンドン・ハートレーに代わってシートを得たアルボン。彼にシートを奪われたハートレーは、F1に25戦出場し、わずか4ポイントしか獲得することができなかった。

    パワーユニット別走行距離でホンダがフェラーリに次ぐ2位。「十分な周回数を走れたことは大きな収穫」/第1回F1テスト

 アルボンは、もしそのハートレーよりも長くチームに留まることができれば、彼以上に大きな印象を残すことができるだろうと考えている。

 プレシーズンテストが行われているスペインで『Motorsport Week』のインタビューに応じたアルボンは、「レッドブルは、“パフォーマンスを発揮すべき時に、そうしなければならない”というシンプルな考えのもとで動いている」と話した。

「それがレッドブルの文化であるし、トロロッソでもそうだ」

「僕は何が必要とされているのかをわかっているし、そのプロセスにも慣れている」

 アルボンは他のドライバーと比べても、現行のF1マシンでの走行経験が少ない。また彼以外のルーキードライバーは、2018年の時点でF1でのテストを経験している。しかしかつてはロータスF1チームのジュニアドライバーでもあったアルボンが初めてF1マシンを走らせたのは、プレシーズンテストの前にミサノで行われたシェイクダウンだった。

 ハートレーも同様に、F1デビューを前に十分な準備をすることができず、シーズン中は成績を残すのに苦戦していた。そして彼はトロロッソ・ホンダを離脱した後に、2018年のモナコGPの時点ですでにシート喪失の危機にあったことを明かしている。

 とはいえ、アルボンがハートレーに代わって2019年のトロロッソ・ホンダのシートを得たということは、大きなサプライズとなった。


 アルボンは、トロロッソ・ホンダのチーム代表を務めるフランツ・トストからの電話について振り返り、「少し“ショック”を受けた」と述べた。

「あの電話がかかってきてよかったよ」

「(シートを獲得するという)噂はあったけれど、その時点では何も決まっていなかった。ただの噂だったんだ」

「物事がどのように進んでいくのかを皆が見ていて、その先を推測していた」

■フォーミュラEよりF1を優先したことに「後悔はない」

 2018年、アルボンはダムスからFIA F2に参戦した。彼は4勝を挙げ、自身と同じく2019年シーズンよりF1にデビューするランド・ノリス(マクラーレン)とわずか7ポイント差でランキング3位を獲得し、F1のシート争いに絡んだ。

 しかしながらアルボンはトロロッソ・ホンダと契約する前に、フォーミュラEに参戦するニッサン・e.ダムスとシーズン5(2018/19年)の参戦契約を結んでいたため、彼のF1参戦は実現しない可能性があった。だがレッドブルとニッサンによる協議の末にこの問題が解決し、アルボンはトロロッソからのオファーを受けることができた。

 フォーミュラEではなくF1を選択するという決断について尋ねられたアルボンは、次のように話した。

「そうしなければならなくなったことについては、ほとんど後悔はしていない」

「これが僕の夢だった。もし物事が解決しなかったら、こうはならなかっただろう。だけどもしうまくいかなかったとしても、他にやるべきことを見つけられるはずだと、僕は自信を持っていた」



  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します