現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 「すでにホンダのパフォーマンス向上を感じる」。レッドブルのガスリー、“いいニュースばかり”のテスト1を終えてポジティブ

ここから本文です
スポーツ 2019.2.25

「すでにホンダのパフォーマンス向上を感じる」。レッドブルのガスリー、“いいニュースばかり”のテスト1を終えてポジティブ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レッドブル・レーシングのピエール・ガスリーが、2019年最初のF1テストを終えた後、非常に順調に作業を進めることができたとして、ホンダのパワーユニット(PU/エンジン)は信頼性はもちろん、パフォーマンスの面でも向上したことを感じ取ることができたと語った。

 2019年からレッドブルはパワーユニットをホンダに変更、2月18日から21日のテスト1で、本格的な走行をスタートした。

    パワーユニット別走行距離でホンダがフェラーリに次ぐ2位。「十分な周回数を走れたことは大きな収穫」/第1回F1テスト

 4日間のなかでパワーユニットに大きなトラブルは発生せず、レッドブル・ホンダは475周を走りこんだ。2日間を担当したガスリーは、ホンダは信頼性に加え、パフォーマンスも向上したとの感想を述べた。ガスリーは2018年にトロロッソ・ホンダで走り、今年レッドブルへの昇格を果たした。

「今のところとても好調だ。まだ全力でプッシュしてはいないが、それでもパフォーマンスが向上したことは感じている」とガスリーはホンダのパワーユニットについて語った。

「それが重要なことだよ。信頼性の面でも、全く問題が起こらなかった。トロロッソにも期待が持てそうだしね」

「この4日間に関しては、いいニュースしかない。この調子で努力し続けるよ。ライバルたちはとても速かったね。でも僕らはまだマシンのいろいろなことをテストしている段階だ。何が一番うまく機能するかを理解したい」

 スペイン・バルセロナでのテスト2は2月26日にスタートする。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します